ロンドンの図書館には日本の漫画がいっぱい!

こんにちは!世界をめぐるWebクリエイターNao(@nao_tips)です。
自身の体験を元にWeb&デザイン、海外生活などについての情報を発信しています。
初めての方はぜひプロフィールもご覧ください。

さて今日は仕事始めでした!とはいえゆっくりお昼スタートでしたがw

(イギリスのお正月は1日だけ休みで2日から早速仕事です!ロンドンの会社で働いてた時は辛かった…。それに合わせて2日から稼働してみました)

で、今日は予定があったので図書館に行ったのですが、帰り際にふと目についた本が。

イギリスの図書館で漫画発見!

「ん?なんか漫画っぽい本があるぞ☆」

と思わず手に取りました。

戦国モノっぽく見えたから、中国の三国志を歴史で学ぶとか、そういう系かなーと思ってタイトル見たところ

ば、バガボンドじゃないですか!!

(実はバガボンド読んだことないけど笑)

オォォーーーーー!!!!

と興奮して近くの棚を見て見たところ、

▼バガボンドいっぱい!(巻数揃ってないの気になるけど!笑)

▼隣にはジョジョが!(1冊だけ!笑)

▼ドラゴンボール!

▼さらにさらにワンピース、ブリーチ、進撃の巨人、君に届けetc etc!!!

わーーーーー☆

日本の漫画がいっぱいだぁーーーーーー☆

めっちゃ興奮しました!!!

 

2年前に住んでた時に、手塚治虫の「ブッダ」があることは認識していて、

(確かどっかの記事でも書いたぞ。あ、これだ!→許しは癒し、許すと入ってくる。心に残るキリストのギャグ

さすが名作!って思ってたんだけど、

いつのまにかこんなにいろんなセレクションが読めるようになっているとは!!!

すごーい!嬉しいーーーー☆

 

さらにいうと、私がフランス留学してた時代(2007-2008年ごろ)、

ロンドンに遊びに来た時は、本屋さんにもあんまり日本の漫画なくて、

イギリスにはまだ漫画は浸透してないんだなぁ、くらい思ってたのに、

(フランスにはその時代からすごい品揃えあった)

図書館にこんなに品揃えがあるまでになっているとは!

日本の漫画さすがだなー!

 

ということで、試しにワンピースの新しそうなやつを2巻借りてみました☆

イギリスの図書館の本の借り方

以前こちらの記事で書いたように→(Wembley Libraryに行って来た!イギリスの図書館で学んだダイバーシティの考え方

会員登録は済ませてあったので、借りるのは簡単。

この機械に自分の図書館カードのバーコードを読み込んで、借りたい本をこの光ってる台にまとめて載せるだけ。

それだけでピピピって全部の本が読み込まれます。

で、間違いなければOKを押して完了。返却日が印字されたレシートがもらえるので受け取ります。

 

新年早々やったことが漫画を借りることだったけど、

イギリスの図書館で漫画を借りれただけで面白かったのでヨシ!

予約すると読みたい巻も確保できる

ちなみに、巻数バラバラなのがネックですが、

借りたい巻を予約して借りることもできます。

イギリスの図書館のレンタル期間は?

レンタル期間は3週間でした。

調べてみたところ、

本とオーディオブックとlanguage course(言語のテキスト的なやつかな?)のレンタルは無料で3週間。
CDは1ポンドで3週間。
DVDは1ポンドか2.5ポンドで1週間。
ゲームは3ポンドで1週間。

だそうです。

ゲームも借りれるんだ!面白い!

一つ注意事項は、イギリスの図書館の延滞は即お金がかかります。

日本だと確か「早く返してください」って連絡が来るだけですよね?

イギリスでは上記のレンタル期間内に返せず延滞した場合はすぐお金がかかります。

価格は、1日あたり20p〜1ポンドくらい。

1日あたりだから、うっかり1週間とか1ヶ月とか返し忘れると結構な額になっちゃいます。

気をつけましょう。

※上記の価格やレンタル期間はエリアによって変わるかもしれませんので、詳細はお近くの図書館で調べてみてください。

 

 

イギリスで日本の漫画で英語の勉強しちゃいましょー☆

以上、Naoでしたー!

シェアしてあなたの考えを聞かせてください

●募集中の講座・コンサル

▶ ちょっとだけ詳しい人に頼みたい!スポット制作(お問合せ

▶ 一目で魅力を伝えるブログに変身!アメブロカスタマイズプラン

▶ 2時間で発信の土台が整う!ワードプレス構築1to1セッション(お問合せ
▶ 数字でわかる次の1手!中小企業経営者のためのWebコンサル&相談室(お問合せ
▶ 自社の想いを形にして伝える。SEO対策付きホームページ制作パッケージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学卒業後、代官山のデザイン事務所にもちこみをしてデザイナーのキャリアをはじめる。その後20代後半でロンドンの美大セントマーチンズに社会人留学。約10年間グラフィック&Webの仕事を続けており、趣味はネットショッピングというWEB大好き人間。 【主な仕事】 WEBの制作・運営/Nao Creativeの商品企画・制作 提供中のメニューはこちら