アイスランドの物価の高さを実例で紹介!高すぎて笑えるレベル!笑

こんにちは!フリーランスWebクリエイターのNao(@nao_tips)です。
自身の体験を元にWeb&デザイン、海外生活などについての情報を発信しています。
初めての方はぜひプロフィールもご覧ください。

◇◇◇

アイスランドは物価が高いことで有名な国です。
それはツアーやホテルを探し始めたときから知ってましたが、
いざ行ってみて、本気で笑えるほど物価が高かったです!
旅行前に調べていてだいたいの価格感は頭に入ってはいたのですが、
文字の情報ばかりで写真を使った解説記事がなかったので、
今回写真満載でアイスランドの物価を説明する記事を書いてみました!

噂に高いアイスランドの物価

アイスランドの物価については、ホテル選びの時にも感じましたが、

すでにアイスランド旅行に行ったことのある友達からもよく聞かされていました。

曰く、「高いけど質がいいわけでもなく、ごくフツーのものが高い」とのことでした。

実際行ってみてまさにその通り、単純に物価が高いんですw

引くのを通り越して笑えるくらい高かったですw

東京はもちろん、ロンドンやパリとも比べものにならないほどで

なかなかかなり、世界有数に高いのだなぁということがわかりました。

アイスランドの通貨と日本円レート

アイスランドではアイスランドクローナという通貨が使われています。

この通貨の換算レートは、記事を書いてる2018年6月15日時点で

1アイスランドクローナ=1.024円

日本円とほぼ同じ価格なのです。

なので、この記事ではアイスランドクローナの数字を参照しつつ、ざっくり円って言っちゃってます。

アイスランドの物価実例集!

ということで早速参りましょう!アイスランドの物価実例集〜

  • 外食
  • お土産物屋
  • コンビニ
  • スーパー
  • 空港・観光地

をベースにみていきます。

外食は1品2000円程度

レイキャビクの街中で色々お店を見てみましたが、

価格帯として普通の1品で2000円程度、安めのもので1600円程度、という印象でした。

▼ピザSサイズで2245円くらい

▼普通のカフェ的なお店でしたが朝ごはん2490〜2990円

▼ジュース&スムージー990円〜1390円

▼サブウェイはハーフサイズで849円、フルサイズで1490円くらいだった気がする

▼たぶん比較的安めなアジアンフード(麺)が960〜1640円くらい

あり得ないくらいに高いよ!笑 旅行で財布の紐が緩くなってたとしても手が出せない、、、

それでもアイスランド料理を食べたい場合
とはいえせっかくの旅行なので1回くらいは現地の食べ物食べたいですよね。

そんな人にオススメのお店があります!

お手頃価格でアイスランド名物のスープが食べられる「Icelandic Street Food」というお店です☆

▼こちらのパン入りスープ1990円。安い☆(←感覚が麻痺してくるw)

が、お兄さんの自然な誘導でうっかりバターと缶ジュースを追加してしまったところ結局2500円程度になりましたw

このお店やスープの感想はまた別記事で書きたいです。

お土産物屋は高いけど納得できなくもないような…いややっぱ高い!

続いてお土産物屋!街中にあるお土産物屋でした。

塩1500円とか、板チョコ1000円とかで、誰がこんなん買うんだと思ったけど、

写真見返してるうちに「お土産だったらこんなもんかな…?」って気もしてきた(←感覚麻痺してきてる?)

▼塩1340円

▼アイスランド名物らしい塩セット4490円

▼アイスランド名物らしいクラッカー950円

▼アイスランドブランドのおしゃれな板チョコ1枚990円

▼アイスランド感のないキティちゃん。水筒2890円

▼ばら撒き土産に使えそうなチョコレートボックス1890円 気軽にバラまけない、、、!

▼自分土産の定番マグネットは790円。これはそんなもんな気も?

▼お風呂のアヒルアイスランドバージョンも揃ってます。990円

▼ぬいぐるみキーホルダー800〜1000円。この辺は普通かも…?

▼アイスランドの置物5490円

▼普通の絵葉書は普通め価格120円

▼ちょっとおしゃれなデザイン絵葉書は350円

どうでしょ?伝わりますかね。

最初は高い!と思ったけど、みてるとだんだん普通な気がしてきた。。。

お土産だったら塩1300円とかあるよね。

バラマキチョコ1890円とかも普通に、、、いやねーよ

コンビニはガツンとくる高さ

コンビニはアイスランドについて一番最初に入ったお店だったのですが、

「これが噂のアイスランド価格!」とテンション上がりましたね!

ただ今思えば空港内のコンビニだったので街中のコンビニより高かったのもあると思います。

▼500mlのペットボトルの水350円。しかもガイドのお兄さん曰くタップウォーターにラベルつけて売ってるだけらしいw

▼オレオ299円

▼アルファード的なお菓子369円(イギリスだったら79p=120円くらい)

▼サンドイッチは799〜1299円くらい

▼ペットボトルのジュース450円くらい

スーパーに行くと見慣れた価格もチラホラ

初日の空港でアイスランドの物価の高さの半端なさを知った私たち。

比較的安めなスーパーにも行ってみました。

スーパーではやはり高いものもあったものの比較的マシでした!

「あ、これなら普通の価格」と思えるものもちょいちょいありました!

しかしながら、すみません、、、写真を撮り忘れました><

ドリトス170円とかハム4枚入り250円とか食パン4枚100円とかそんな感じ!

アイスランド名物と言われている「skyr」ヨーグルトも買ったけど確か250円くらいで、

その後行ったニューヨークのWhole Foods Marketで買った方が安かったです…笑

▼スーパーで見つけた、パッケージが可愛かったオートミールドリンク229円

空港・観光地はありえない高さ

空港や観光地はやはり他より高かったみたいです。

▼ゴールデンサークルツアーの途中で寄ったショッピングセンター(?)のサラダバー1890円

▼ブルーラグーンのお土産コーナーにあったムーミンのカップ4500円

▼空港のレストランのお弁当類1890〜1990円

▼空港のレストランのジュース590〜990円

▼これはちょっと欲しいと思った!アイスランドキティのぬいぐるみ1599円

また前述のように空港内のコンビニは他より高そうでした。

その他の物価

その他、物価の参考になりそうなもので覚えてるものを書いておきます。

  • トイレの使用料 200クローナ(=約200円)
  • 馬の餌 2個 200クローナ(=約200円)
  • 自販機の缶コーラ(350ml) 350クローナ(=約350円)

海外ではトイレが有料のところも多いことはご存知の方も多いかと思いますが、

その金額は大体1通貨単位以下。

ロンドンだったら1ポンドいくことはなく、高くて50ペンス(75円くらい)とか、平均的には20〜30ペンス(50円くらい)とか。

パリも同様に20〜30セント(40円)くらい。

ですが、アイスランドのお手洗いは200クローナ=約200円とトイレ使用料にまで物価の高さが反映されてます。

物価の高いアイスランドで出費を抑える方法

と、このように物価が高すぎるアイスランドではありますが、

工夫することで生活費を抑えられることができます。

  • アパートホテルなど自炊できるところに泊まって自炊する
  • ご飯付きの宿をとる

などなど。

私たちはアパートホテルに泊まってスーパーで食材を買って自炊することで一食500円程度で生活することができました!

ホテルもこちらの記事の方法を使って豪華なアパートホテルをお得に取れたので、物価が高い高いといいながらも、無理なく快適に過ごせました☆

旅行や出張で使える!失敗しないホテル予約のテクニック28個!

2018.03.20

アイスランドの物価まとめ

ということで、アイスランドの物価についてまとめると、、、

  • 空港・観光地はありえない高さなので避けよう
  • 街中のお土産屋は普通っちゃ普通…?いや高い!
  • 街中の外食は平均2000、安くて1500
  • コンビニはガツンとくる高さ
  • スーパーに行くと時々普通の価格を見られる
  • 宿泊先を工夫して滞在費を抑えよう

参考にしてみてくださいね!

以上、Naoでした♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてあなたの考えを聞かせてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学卒業後、代官山のデザイン事務所にもちこみをしてデザイナーのキャリアをはじめる。その後20代後半でロンドンの美大セントマーチンズに社会人留学。約10年間グラフィック&Webの仕事を続けており、趣味はネットショッピングというWEB大好き人間。 【主な仕事】 WEBの制作・運営/Nao Creativeの商品企画・制作 提供中のメニューはこちら