お役立ち&お得

CICの信用情報、郵送で開示してみた

2017/07/25

CICの信用情報を郵送で開示してみました!
インターネットでの開示方法や開示した書類の見方の記事はよくあるけど、郵送開示の記事はあまりないようだったので、気づいた点などをメモで残してみました!
※後ほどわかりやすく文章まとめますヾすみません。

手順

・インターネットで開示するためには特定の発行会社のクレジットカードが必要
└エポスとかジャックスとか、JCBもプロパーしかダメとか、、、そんなの持ってないっす…。

・CICのサイトで必要事項を入力し、申込書を作る
└これまで使っていた全ての電話番号を記入するのを忘れずに!

・1000円分の定額小為替証書を準備
├ゆうちょ銀行(郵便局)で発行。平日のみ。
├手数料に100円かかるのでトータルで支払う金額は1,100円。
└領収書は定額小為替証書とは別に保管。6ヶ月以内で未換金であれば、証書をなくした場合、領収書を郵便局に持っていけば返金可。

追記:6ヶ月を大幅に過ぎた未使用の定額小為替も領収書と印鑑を持って行ったら払戻ししてもらえました!

・申込書と本人確認書類と定額小為替100円分を入れて郵送。
└本人確認書類は2点必要。免許証、パスポート、保険証あたりが身近かと。

・10日くらいで郵送で書類が送られてくる
└実際4〜5日くらいで送られてきました。

・信用情報の見方については詳しく解説してくれているサイトが山ほどあるのでそちらの記事を参考ください。
たった10分で分かるCICの信用情報開示報告書の見方

この記事を書いた人

Nao
NaoNao Creative 主宰
早稲田大学卒業後、代官山のデザイン事務所にもちこみをしてデザイナーのキャリアをはじめる。その後20代後半でロンドンの美大セントマーチンズに社会人留学。約10年間グラフィック&Webの仕事を続けており、趣味はネットショッピングというWEB大好き人間。

【主な仕事】
WEBの制作・運営/Nao Creativeの商品企画・制作
提供中のメニューはこちら

-お役立ち&お得