ロンドンでエッグベネディクトを食べるならこのお店!7選と行った感想☆

こんにちは!世界をめぐるWebクリエイターNao(@nao_tips)です。
自身の体験を元にWeb&デザイン、海外生活などについての情報を発信しています。
初めての方はぜひプロフィールもご覧ください。

突然ですがわたし、ホテルなどのちょい贅沢な朝ごはんが大好きで。

旅行でいいホテルに泊まったときは必ずホテルの朝食をつけるようにしています♪

旅行じゃなくてもたまに朝ごはんだけ食べに行くこともあります。

特に目がないのが半熟たまご!☆

ホテルの朝食によくある、いい〜感じにちょっと半熟にしたスクランブルエッグ、ポーチドエッグ、目玉焼き、、、大好きです!!

家でも毎日朝ごはんは半熟たまごの卵焼き食べてます。

ちなみにイギリス人の旦那さんは半熟たまごみるのも嫌なくらい嫌いです笑。
イギリス人(というか欧米人かな?)は生とか半熟とか嫌いな人多いみたい。
日本人は生卵ご飯にかけるよっていうと、想像するだけでもキツいってよく言われますw
旦那さん曰く、黄味はトロッとしててもいいけど、白身が焼けてないのはありえないそうです。

この間ふと思いついてロンドンで一番美味しいと言われているエッグ・ベネディクトを食べに行ってきました!

さらにそこのエッグベネディクトが美味しすぎてハマってしまい、どうしてもまたエッグ・ベネディクトを食べたくて、

1週間も経たないうちに別のレストランに出かける始末。笑

つまりこの1週間で2回レストランでエッグ・ベネディクトを食べたのです!

▼2店目♡

リサーチが趣味なわたしはお店選びでもいろいろな英語記事を調べて、

「次行くならここがいいな♪」

「あ、この記事で紹介されてるお店もう閉まってる」

っていうアイデアが固まってきたので、記事にしてみることにしました!

順次、行きます!そしてレポしますのでお楽しみに^^☆(すでに行った箇所は行ってみたレポもつけています!)

※本文のレートは1ポンド=153円で計算しています。
※価格は平日のブレックファストメニューで調べています。週末やブランチ以降値段が上がる場合があります。

エッグ・ベネディクトとは?

一応初めにエッグ・ベネディクトとは何かを説明しておきます。

エッグ・ベネディクトとは、イングリッシュマフィンの上にハムを乗せ、その上に半熟のポーチドエッグを乗せ、さらに上からオランデーズソースというバターとレモン汁でできたソースをかけた食べ物です。

数年前から流行り出した朝食の一種で、現在いろいろな種類が出ていて、ハムの部分がベーコンだったり、イングリッシュマフィンの部分がワッフルだったりするものもあります。

エッグ・ベネディクトの種類


↑右がエッグ・ベネディクトで左がエッグ・フロレンティン

上述のようにエッグ・ベネディクトにはいろいろな種類があるのですが、

その中でもいくつか既に別の名前で定着しているものがあるのでご紹介します。

  • エッグ・ベネディクト:マフィンにハムあるいはベーコンと卵をのせオランデーズソースをかけたもの
  • エッグ・ロワイヤル:マフィンにスモークサーモンと卵をのせオランデーズソースをかけたもの(エッグ・アーリントンと言われているところもある)
  • エッグ・フロレンティン:マフィンにほうれん草と卵をのせオランデーズソースをかけたもの。ベジタリアン向け

The Wolseley(ザ・ウォルスリー)

どの記事でも常に一番最初に紹介されているレストラン。
まさにロンドンNo.1エッグ・ベネディクトといえそう!
実際に行ってみたけど本当に美味しかったです★感想記事は一番下へ♪

★1日中オーダーできます

エッグ・ベネディクト S:9.25ポンド(約1,415円) L:18ポンド(約2,754円)
エッグ・ロワイヤル S:9.25ポンド(約1,415円) L:18ポンド(約2,754円)
エッグ・フロレンティン S:9.25ポンド(約1,415円) L:18ポンド(約2,754円)

朝食はS/L分かれておらずSの値段だったので朝食時間に行くとS(1つ)の値段でLサイズ(2つ)が食べれるのかも?(未確認)

予約はこちら

The Wolseley
160 Piccadilly, St. James’s, London
+44 (0)20 7499 6996
https://www.thewolseley.com/

写真上参照元:https://twitter.com/thewolseley/status/678878578847694848
写真下参照元:https://www.standard.co.uk/go/london/restaurants/londons-top-10-eggs-benedicts-9713860.html

Ivy Chelsea Garden(アイビー・チェルシー・ガーデン)


お庭がついていてお庭で食べれるレストラン。内装も植物がいっぱいで素敵☆
英国らしいお庭の良さを味わいたい人はぜひここで。雰囲気最高です!
実際に行って見た感想記事は一番下へ♪

★エッグ・ベネディクト系は朝食メニューのみ

エッグ・ベネディクト 8.75ポンド(約1,338円)
エッグ・ロワイヤル 9.50ポンド(約1,453円)
エッグ・フロレンティン 8.25ポンド(約1,262円)

予約はこちら

The Ivy Chelsea Garden
195 -197 King’s Road, Chelsea, London SW3 5EQ
020 3301 0300
https://theivychelseagarden.com/

写真上参照元:https://theivychelseagarden.com/

Swan(スワン)


シェイクスピアズ・グローブという劇場?に併設の、テムズ川が望めるレストラン♪
ロンドンのテムズ川沿いの眺めは本当に素敵♪
川辺で朝ごはんしたいのでぜひ行ってみたい☆

エッグ・ベネディクト 8.50ポンド(約1,300円)
エッグ・ロワイヤル 8.50ポンド(約1,300円)
エッグ・フロレンティン 8.50ポンド(約1,300円)

予約はこちら

Swan
Shakespeare’s Globe
21 New Globe Walk, Bankside, London SE1 9DT
020 7928 9444
https://www.swanlondon.co.uk/

写真参照元(上下共に):https://www.swanlondon.co.uk/

The Connaught(ザ・コンノート)

これはアフタヌーンティーで行ってみたいと思っていた高級5つ星ホテルのレストラン。
やはりホテルは空間が美しくて素晴らしいです。May Fairというシックな良いエリアにあるので外に見えるロンドンの街並みも綺麗。
価格はThe WolseleyのLサイズと一緒だから空間重視の場合はこっちでもいいかも。

エッグベネディクト 18ポンド(約2,754円)
エッグロワイヤル 18ポンド(約2,754円)
エッグフロレンティン 18ポンド(約2,754円)
Connaught Breakfast 38ポンド(約5,814円)

Connaught Breakfastというセットでたまごが選べるのでこちらのメニューでもエッグ・ベネディクトが選べる気がする(未確認)

予約はこちら

The Connaught
Carlos Pl, Mayfair, London W1K 2AL
+44 (0)20 7107 8861
https://www.the-connaught.co.uk/restaurants-bars/jean-georges-at-the-connaught/

写真上参照元:the-connaught.co.uk
写真下参照元:http://picstame.com/tag/NFbrunch

Bistroteque(ビストロテック)

イーストロンドンにあるお店。
窓が大きくて日当たりが良さそうで朝食にぴったりなイメージです!
ロンドンの朝食ベスト10でも取り上げられていたので、エッグベネディクトに限らず期待できそうです☆
サイトもエッジィでおしゃれ!(使いにくいけど。UI的にはNG笑)

エッグベネディクト 10ポンド(約1,530円)
エッグロワイヤル 13.5ポンド(約2,065円)
エッグフロレンティン 10ポンド(約1,530円)

予約はこちら

BISTROTHEQUE
23–27 Wadeson Street,
London E2 9DR
020 8983 7900
http://bistrotheque.com/

写真上参照元:https://www.timeout.com/london/restaurants/bistrotheque
写真下参照元:http://www.chompingground.co.uk/bistrotheque/

Cinnamon Village(シナモン・ビレッジ)

ノースロンドンにあるお店。
ここはわたしがロンドンで初めてエッグベネディクトを食べた思い出のお店です。
前回ロンドンにいた時に、ちょうどエッグベネディクトが話題になり始めていた頃で友達が誘ってくれました。
友達の家の近くのお店なのですが、内装がおしゃれで朝食の種類が多く、とても美味しかった思い出があります。
Webサイトもない感じなので本当に地元のお店という感じなのですが、改めて行ってみたいと思っています!

エッグベネディクト 6ポンド(約918円)
エッグロワイヤル 6.5ポンド(約994円)
エッグフロレンティン 6ポンド(約918円)
※ハムとほうれん草、ベーコンとほうれん草という組み合わせもあります。

Cinnamon Village
112 Fortess Rd, London NW5 2HL
020 7267 3357

写真上参照元:http://ratemybistro.co.uk/cinnamon-village-tufnell-park/
写真下参照元:https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-o/11/14/c1/8a/delicious.jpg

実際に行ってみた感想

行ってみたところの感想を順次アップして行きます♪

The Wolseley(ザ・ウォルスリー)に行ってみた感想

まずはこちら!一番初めに行った「The Wolsely」です。
こちらどの記事を見ても「ロンドンNo.1のエッグベネディクトはここ!」と出ていたので、一番最初に行ってきました。

たまごがプルップルで、ハムは柔らかく、オランデーズソースも主張しずぎず、かといって味薄くもなく。

さらに何が一番良かったかというと、下のマフィン部分です!

バターの量も焼き加減も絶妙で外はサクサクカリカリで中はふわっと柔らかく、甘みも塩みもベストな量!

これは確かにNo.1といわれるだけある!

ということで噂に違わず美味しかったです〜!!

サイズが2種類あってS/L選べます(ブランチ時間以降の場合)

ヨーロッパの食事って大体量多いからSサイズでいいかな?と思ってSを注文したんですが、

Sは1つ、Lは2つ、みたいです。

ちょっと物足りないような気もしたけど、2個は多い気もするのでSサイズ+サラダ1品とかがベストな量なのかな?

ちなみにSサイズでも小さいバゲットが2つ付いてくるのですが、そのバゲットがまためちゃめちゃ美味しかった!!

そんなに食べる気なかったのにほぼ食べきってしまい、結局お腹いっぱいに♪

▼店内はこんな感じ。天井が高くて開放感があります。

一緒に頼んだ生搾りピーチジュースもめっちゃ美味しかったけどSサイズにしたら結構小さかったので、このお店のSは本当にSなんだなと思いました笑。

混んでいるので予約をして行くのがベターです。

ネットから予約できるようになっているので、直前ではあるけども予約して行ったつもりだったのですが、できておらず、40分ほど待つことになりました。

直前すぎたからかな?と思ったのですが、後からメールを見てみるとなんと「担当者がやめたのでこの予約システムは今誰も見てません。こっちのメールアドレスにもう一回メールしてみてね♪」という返信が来ていましたw

えーw予約いっぱい取り逃がしてそうだけど大丈夫?!笑

と思ったけど、お店は満員で当日飛び入りで待ちの人もいっぱいいたので大丈夫なのでしょう。

予約できるならして行った方が良いです。

Ivy Chelsea Garden(アイビー・チェルシー・ガーデン)に行ってみた感想

こちらはエッグベネディクト目当てに行ったというよりは、前から行きたかったレストランで、エッグベネディクトも出していたので行ったという意味合いが強いのですが、本当に行って良かったと思っているレストランです!

エッグベネディクトの味では1店舗目の方がいいかもしれないですが、空間が素敵すぎて…☆

特に女性は絶対好きになると思う!!

名前にもある通り、お庭が付いていてお庭でご飯が食べれるお店なのです。

フラワーショーで有名な高級エリアチェルシーにあります。

ガーデンシートに座れたのですが、こんな感じです☆

▼花に囲まれすぎてまるで天国で食事をしているみたいでびっくりする笑

(るんるんし過ぎて足先が勝手に上がってたのに後から気づいて笑った)

このお庭感、女性ならときめきますよね☆

椅子やクッションなどの調度品もお花のジャガードになっていて、触り心地も良く、優雅な気分になれます。

こちらではエッグベネディクトのちょっと違うバージョン、エッグロワイヤルを注文しました。

▼エッグロワイヤルはエッグベネディクトのハムの部分がサーモンになったものです。

2つだったのでお腹いっぱいになりました!やっぱり1個半くらいが日本人にはいいのかなーと思ったり。

エッグ・ベネディクトの味は、まぁまぁな感じでした。グリーンがのってるのは良かったポイントです。

そして、さすがガーデン系だからか?一緒に頼んだベリースムージーがめっちゃ美味しかったです!!ベリーが弾けるように新鮮!

あ、あとこれから行く人に伝えておきたいポイント!

席についた瞬間に「お水はいりますか?」と聞かれるのですが、このお水有料かつ多いです。

喉乾いてたし、通された直後に聞かれて「はい」って答えたんですけど、そのあと「Still(普通の水) or Sparkling(炭酸水)?」って聞かれて、あれもしや、、、と思ってたらやっぱり有料でした。

しかもスムージーより高かったし!笑 750mlくらいあるボトルで出てきたし!

わたしは喉乾いてたので飲み切れましたが、飲みきれないない人は断りましょう。

お庭ということで、寒さが気になったのですが、お庭はお庭でも屋根があって密閉されていて、ヒーターがついているので、とても暖かかったです!

ちゃんと火のついた暖炉もあったんですよ☆上の写真の奥にチラッと見えてます。

予約して行きましたが最初に通された席が中の席だったので、思い切ってお庭席に空きがないか聞いてみたところ、お庭席に移動させてくれました。

絶対にお庭席がいい場合は、予約の時点でコメントしておいたほうがいいと思います。

お庭の1つ手前の、中ではあるけど庭に面している席が一番人気のようでした。

その部分も内装にたくさん植物が使われていて優雅な気分になれそうなので次はそっちに行ってみたいです☆

とにかくロンドンで食事をするなら絶対におすすめしたいレストランです!!

 

 

以上、ロンドンでエッグ・ベネディクトを食べるのにオススメのお店7選と行ってみた感想でした!

お店は今後も行ったところをどんどん追加して行くので10選とかに増えるかもしれませんw

とにかく半熟たまご美味しすぎですw

そして朝にお出かけすると1日モチベーション高く入られるので、外での朝食オススメです☆

Naoでした!

シェアしてあなたの考えを聞かせてください

●募集中の講座・コンサル

▶ ちょっとだけ詳しい人に頼みたい!スポット制作(お問合せ

▶ 一目で魅力を伝えるブログに変身!アメブロカスタマイズプラン

▶ 2時間で発信の土台が整う!ワードプレス構築1to1セッション(お問合せ
▶ 数字でわかる次の1手!中小企業経営者のためのWebコンサル&相談室(お問合せ
▶ 自社の想いを形にして伝える。SEO対策付きホームページ制作パッケージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学卒業後、代官山のデザイン事務所にもちこみをしてデザイナーのキャリアをはじめる。その後20代後半でロンドンの美大セントマーチンズに社会人留学。約10年間グラフィック&Webの仕事を続けており、趣味はネットショッピングというWEB大好き人間。 【主な仕事】 WEBの制作・運営/Nao Creativeの商品企画・制作 提供中のメニューはこちら