プライオリティパスは旅好きの基本!友達にすすめたいプライオリティパスのお話


ロンドンからこんにちは!フリーランスWebクリエイターのNao(@nao_tips)です。
自身の体験を元にWeb&デザイン、海外生活などについての情報を発信しています。
初めての方はぜひプロフィールもご覧ください。

◇◇◇

プライオリティパスって知ってますか?一言で言うと空港で会員制ラウンジが使えるカードです。
私にとっては旅好きの基本中の基本の持ち物の一つだと思っているのですが、休みの旅に海外旅行に行っていると言う人でも意外と持ってない人が多いです。

単純に知らないのか、なんとなく聞いたことあるけど面倒くさそうと思っているのか、全く興味がないのか、いろいろな理由があると思いますが、

個人的には旅好きには必須のメンバーシップであるし、全然敷居高くないのでバックパッカーでも使えるし、無料で始める方法もあるので、ぜひ始めてみたらいいよ☆と思ってます。

(っていうか一緒に旅行する人には持っててほしい!笑
でも面と向かって力説してウザがられても嫌なので、この記事に伝えたい思いを全て託そうと思ったというのが本音です。笑)

ということで、この記事は友達にプライオリティパスを紹介するための記事として書きました。

プライオリティパスが気になってたけど、よくわからずにこれまで来た人、少しでもお得に快適な旅をしたい人のお役に立てればなと思います。

プライオリティパスとは

まずはじめに、プライオリティパスとは、イギリスの会社が運営している空港ラウンジサービスです。

▼公式サイトはこちら!

プライオリティパス公式サイト

全世界130ヶ国の空港で1000箇所以上会員制ラウンジが使えます。

そもそもラウンジって?

空港にある会員制休憩スペース。ソファやテーブルなどのリラックスできる設備がそろっている。
食事やお酒が無料で提供されているところも。

会員のみが利用できるので、スペースもゆったりしていて慌ただしい出発前の時間をくつろげる。

創業者が「飛行機の搭乗クラスに関わらず、搭乗前にリラックスできる場所があればいいな♪」と思って始めたサービスらしいです。

搭乗前に会員制の広いスペースでちょっとした軽食などを食べたり、シャワーを浴びてくつろいだりすることができます。

よくクレジットカードに付属のラウンジサービスがありますが、それとは別のラウンジサービスで、こちらの方が断然内容が良いことが多いです。

クレジットカード付属ラウンジ < プライオリティパスラウンジ < 航空会社ビジネスクラスラウンジ

ざっというとこんな感じ。

プライオリティパスで使えるラウンジを一部紹介

まずはプライオリティパスで使えるラウンジの内部がどんな様子か見てみましょう。

PLAZA PREMIUM LOUNG
プラザ・プレミアム・ラウンジ

@ロンドン・ヒースロー空港

我らがヒースロー空港(っていうほど使ってないけど笑)のこちらのラウンジ。

2016年のプライオリティパスのラウンジから世界一を決めるアワードで1位になったそうです。

まるで高級ホテルのような趣のある空間ですね☆
さすが1位になったラウンジは素敵!

EUROAIRPORT SKYVIEW LOUNGE
ユーロエアポート・スカイビュー・ラウンジ

@ユーロエアポート・バーゼル・ミュールーズ空港
(どこ?!って思ったけどスイス、ドイツ、フランスの国境にあるフランスの空港みたい)

これは綺麗〜!ぜひ一度行ってみたい!
光の入る天井のドームとパームツリーが素敵ですね☆

DILMUN LOUNGE
ディルムンラウンジ

@バーレーン国際空港

バーレーンってどこだっけ?と思わず調べてしまいましたが
中東のど真ん中の島国で国名がバーレーン王国みたいです。
そんなところでもプライオリティパスがあればこんな綺麗なラウンジが使える!

MIRACLE FIRST CLASS LOUNGE
ミラクル・ファーストクラス・ラウンジ

@バンコク・スワンナプーム国際空港

東南アジアの行き先として人気のバンコクも☆
ブッフェの種類が豊富で美味しそう☆

 

こんな感じにクレジットカード付属のラウンジとは比較にならない豪華なラウンジがいっぱいです。

格安航空の空港じゃ使えないでしょ?

無料でラウンジを使えるのはわかったけど、旅行はいつも格安航空で小さい空港を使って行ってるから、ラウンジなんてないんじゃないのかな?と思っている方。

格安航空でよく使われる地方空港でもラウンジを使えるところが結構あります。

近場であれば

台湾の台湾桃園国際空港はもちろん

高雄国際空港にもあります。

韓国ならソウルの仁川空港はもちろん金浦国際空港にも。

釜山にも。

タイなら先ほど紹介したスワンナプーム国際空港の他にドンムアン国際空港にも、

最近人気のチェンマイ空港にも

ヨーロッパなら、ロンドンのガトウィックやルートン、スタンステッド空港(上から順に)

パリのオルリー空港、

格安航空のメッカ、アイルランドのダブリンにもあります。

こんな感じで、格安航空で地方空港に行っても贅沢なラウンジ体験ができます!

私がプライオリティパスを知ったきっかけ

空港って、マックやKFCとかのふつーのファーストフードの食事代が高かったり、

どのレストランも混んでいて席が取れず、ベンチに座ってサンドイッチ食べたりとか、

ベンチに横になって寝て仮眠したりとか…そんなことそろそろつかれません?

「そうは言っても格安旅行はそんなものだから」「贅沢できるお金がないから」って思ってる人、変な思い込みがあるかもよ!

自分もそうだったんですが、ラウンジとかビジネスクラスとかそういうのはどっかのエラいさんが使うもので、普通の人が使えるものではないって思い込んでたんです。

だから文字通り見向きもしなかったし情報も入ってこなかった。

それがなんのキッカケだったかな?

たまたま出会った自営業をしてる人に、教わったってわけでもないんだけど、

その人のブログとかを気にして読んでいるうちに、

どうやらビジネスクラスのチケットを持ってなくてもラウンジに入れる方法があるらしい!

てかビジネスクラス自体もやりようによっては無料や格安で乗れるらしい!

っていうことを知ったんですね。

そしてよくわからんけど、まぁとにかくやってみよかってことで、

まずはクレジットカードをマイルが無期限で溜まるものに変え、
デルタマイルが貯まるカードならマイルを無期限で貯められる)

その後アメックスに乗り換えてプライオリティパスもゲットしました。

プライオリティパスって高いの?

本来ならウン十万円するビジネスクラスの航空券を買ってこそ楽しめるラウンジ体験なので、

確かにプライオリティパスもそれなりのお値段がします。

定価で買えば

  • 一番安いスタンダード会員で年会費99ドル+1回ごとに27ドルの使用料支払い。
  • 真ん中のスタンダードプラス会員は年会費249ドル10回まで無料利用可能。それ以降は1回あたり27ドル。
  • 一番上のプレステージ会員は年会費399ドルで使用料は毎回無料

ラウンジのためだけに1万円〜4万円だと、あまり旅行に行かない人に取っては結構なお値段ですね。

プライオリティパスを無料で手に入れる方法


が、しかし、このプライオリティパス、一部のクレジットカードの特典としてついてくることがあります。

しかもクレジットカードに入る時期もうまくキャンペーンを選べば、無料で入会できたりします!

つまり始めたければ完全無料で始められます

「無料」という言葉に恐怖を感じるあなた!
無料って聞くだけでうさんくさいと思う人もいるかもしれません。
もちろん無料には条件がありますよ。(最初の1年間だけとかね)
が、ちゃんと条件をわかって納得してはいれば怖くありませんので、少しでも気になるならまずは初めてみたほうがいいです。
実際経験してみると次の情報がいろいろ見えますからね。

クレジットカードの年会費が有料であっても、年会費が1万円〜4万円するプライオリティパスがついてくるのであれば、だいぶお得ということもあるので、

正直、よっぽど旅しまくるのでプライオリティパスだけに1〜4万円払いたい!

っていう人以外はクレジットカードのオマケとしてプライオリティパスを手にいれた方がいいと思います。

プライオリティパスのつくクレジットカードは全部で30種類弱くらいあるのですが、

招待制でしかはいれないブラックカードの話とかされても「へぇ。で?」って感じだと思うので、

ここでは下記のような人を対象に良いと思えるクレジットカードを抜粋して紹介してみます。

  • 支出は上げずに今のまま無料で試してみたい人
  • そろそろ格安で不快な旅行を卒業したいバックパッカー
  • プライオリティパスって聞いたことあるけどよくわからない人
  • 海外旅行が好きで年に1〜2回くらいは行きたい人

クレジットカードを選ぶ時のポイント

ここでまず初めに、プライオリティパスのついているクレジットカードを選ぶ時のポイントをお話ししたいと思います。

ズバリこちらです。

  1. 年会費
  2. 家族カードも発行できるか
  3. 同行者もラウンジを使えるか
  4. 審査の通りやすさ

年会費


年会費はもちろん安いほうが持ちやすいですね。

プライオリティパスの年会費と比較してみてお得だなと思えるものをピックアップしています。

家族カードも発行できるか

これ結構大事なポイントです。

家族やカップルで旅行に行く時、自分だけ持ってても家族が持っていなかったら、家族はラウンジが使えなかったり、同行者扱いで追加料金を支払う必要があります。

が、カードの中には家族カードを発行した時に、その家族カード分もプライオリティパスを発行できるものがあります。

つまり、自分も家族も一緒にラウンジを楽しめます。

特に夫婦や家族で出かけることの多い場合はこのタイプのカードにしておいたほうがいいです。

同行者も使えるか


こちらも重要。自分がプライオリティパスを持っている時に同行者もラウンジを利用できるかどうかです。

2との違いは、2は家族カードの「発行」が必要なので、結婚しているなど実際に家族でしかも家族カードを発行した場合にしか使えないのに対し、

3の場合は、その時一緒に旅行している友人でもクレジットカードもプライオリティパスカードも持ってない人でも使える点です。

ただし、これができるカードは結構高額なカードになります。

(プライオリティパスの利用料は高いので、毎回複数人の利用があるとカード会社の負担が上がってしまいます。ですから、このサービスはかなり高級なカードにしか付いていません。

自分のカードで友達も一緒に入れたらいいんですけどね。

そういうワケで友達にも自分でプライオリティパスを持っててほしいのです笑)

審査の通りやすさ


いくらそのカードを持てばプライオリティパスが使えるといっても、クレジットカードの審査に落ちてしまうようであればただの夢物語です。

ステータスの高いカードはもちろん良い特典が付いていますが、招待がなければ入会できないなど審査に通りにくいです。

そうではなく、招待なしで申し込めるなど、比較的入会しやすいものを今回紹介しています。

目的別の最適なクレジットカード

それではようやくですが、私のプライオリティカード取得のオススメクレジットカードをご紹介します。

まずは無料で初めてみたければアメックスゴールド

何はともあれ、まずは無料で始めてみたい

という方には私はアメックスのゴールドカードをオススメしています。

アメックスのゴールドカードはキャンペーンで初年度無料で入ることができます。

数ヶ月後に旅行を控えているような方なら、無料期間中に入会して、次の年更新する前に退会すれば、プライオリティパスを無料で試して見ることができます。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

【無料航空券ゲット】アメックス・ゴールド入会キャンペーンの探し方&審査基準

2017.12.20
※2018年4月現在、記事で紹介している一番お得なアマゾンキャンペーンがまたやってるみたいです(2018年5月31日まで)もう一つはWeb広告経由でも年会費無料みたいです、今使うならこのどっちかですね!

一つ注意ですが、アメックスゴールドに入会するとついてくるプライオリティパスの会員ランクは一番下のスタンダード会員(年会費99ドル+1回使用毎に27ドル)です。

ですが、アメックスゴールドの場合、年間2回までは無料で使用できますので、とにかく無料で始めたいという方はこちらのカードで完全無料でプライオリティパスを始めてみることができます。

さらにアメックスゴールドは家族カードを1枚無料で発行でき、家族カードにもプライオリティパスがつくので、自分がアメックスゴールドを持って奥さんには家族カードを持ってもらうと、一気に無料で2人でプライオリティパスを始められます。

父と母が別々にゴールドカードを作って、それぞれ1枚ずつ家族カードを発行して子供にもたせたら、家族4人で無料でプライオリティパスを使い始めることもできます。

メリット

  • 無料でプライオリティパスを始められる
  • 入会キャンペーンなどでがっつりポイントがもらえるのでマイル生活にもオススメ
  • 数多くの航空会社マイルにポイントを交換できるのでマイル生活にもオススメ
  • 家族カード1枚発行無料で家族カードでもプライオリティパスが発行できる
  • その他の特典も充実している

 

デメリット

  • 初年度無料のキャンペーンを使わなければ高い年会費(29,000円+税)がかかる
  • 初年度無料で始めても1年以内にやめなければ高い年会費がかかる
  • プライオリティパスのランクがスタンダード会員のためラウンジ使用3回目以降は有料
  • カードのブランドがアメックスなので心持ち使いづらい

※アメックスゴールドは審査が難しそうな印象があると思いますが、最近は実はとても通りやすくなっています。詳細はこちらの記事をご覧ください。

【無料航空券ゲット】アメックス・ゴールド入会キャンペーンの探し方&審査基準

2017.12.20

アメックスゴールドカードの詳細はこちら

 

1番お得に持ちたいなら楽天プレミアム

今後もずっとプライオリティパスを使って行きたい場合、

一番お得にプライオリティパスをキープできるのが楽天プレミアムカードです。

他のプライオリティパスがつくクレジットカードの年会費がだいたい20,000円以上するのに対して

楽天プレミアムカードは10,800円でプライオリティパスの最上位会員ランク、プレステージ会員(年会費399ドル、1回使用ごとの支払いなし)に入会できます!

10,800円で399ドル(約40,000円)するプライオリティパスが手に入るので、コスパは最強と言えるでしょう。

プレステージ会員なら、年間何回でも制限なくラウンジの使用ができます。

私もプライオリティパスのためだけに楽天プレミアムカードを持つことも考えました(マイルも貯めたかったので結局アメックスにしましたが)。

若者初めてのプライオリティパスの方にぴったりです。

また楽天カードはキャンペーンもバンバンやってますし、自分で申し込むことができ、審査も緩そうです。

特に楽天のサービスのヘビーユーザーに対してはゆるめと言われてるので、審査が心配な人はしばらく楽天のサービスを使った上で申し込むといいかもしれません。

ただし、家族カードに対してのプライオリティパス発行はできません。

夫婦や子供連れの家族旅行をすることが多く、家族全員でラウンジを使いたい場合などには不向きと言えるでしょう。

一応同行者は有料(27ドル=3,240円)でラウンジを利用することはできます。

メリット

  • 年会費が安い
  • 招待制などではなく審査が比較的ラクそう?
  • プライオリティパスの会員ランクが、最上位で回数制限なしのプレステージ会員
  • カードのブランドがVISA、Master、JCBの3種類から選べる
  • 楽天ポイントがザクザク貯まる

 

デメリット

  • 家族カード分はプライオリティカードを発行できない
  • 楽天のイメージからゴールドカードにしては安っぽいと言われている…

 

楽天プレミアムカードの詳細はこちら

 

家族も一緒に行きたいならMUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

夫婦や家族連れで旅行にいくことが多い人は、家族カードにもプライオリティパスがつくカードがオススメです。

中でもこちらのMUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が比較的安い(21,600円)にも関わらず

本会員と家族会員の両方にプライオリティパスの最上位であるプレステージ会員(年会費399ドル、1回使用ごとの支払いなし)の資格がつくすごいカードです。

しかも家族カード一枚目は無料で発行できるので、カード年会費20,000円でプライオリティパスのプレステージ会員2人分(399ドル×2=8万円くらい)の価値があるめちゃめちゃお得なカードです。

さらにさらに、家族カード2枚目以降は発行料がかかりますが1枚につき3,240円のみ。

家族みんなが家族カードを作ってもかなり安くおさまり、全員でラウンジが使えます。

まさに家族向けのカードと言えるでしょう。

また、ゴールドカードより上のプラチナカードの一つですが、招待なしで申込めるカードなので、そこまで敷居は高くありません。

審査基準は、年収400万円以上の大手企業の正社員であれば通るのではないかと言われています。

メリット

  • 家族カードにもプレステージ会員資格がつく
  • 家族カードが1枚目無料、2枚目以降3,240円と安い
  • 年会費が20,000円とプライオリティパスのつくカードの基準からすると安い
  • 招待がなくても申し込める
  • プラチナカードなのでコンシェルジュサービスなどもついている

 

デメリット

  • プラチナカードなので審査通過のためにある程度の収入は必要
  • ブランドがアメックスなので心持ち使いづらい
  • ポイントの使い道がいまいち?

 

あとは「無料で始めたい」のところでも紹介したアメックスゴールドも家族カードも無料ですので、プラチナカードの審査が心配な人はアメックスゴールドにしてみても良いかもしれません。

MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細はこちら

 

ポイントサイトを経由して申し込もう

クレジットカードを申し込むときはポイントサイトを経由して申し込むと多大なポイントバックがある時があります。
例えば、こちらのMUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、ハピタスを通して申し込むだけで6500円分のキャッシュバックが受けられます。※2018年4月現在

6,500円は結構大きいですよね。そしてこのポイントはマイルにも交換できるので、マイルを貯めてる方にもぴったりです。

ポイントサイトは当ブログでも何回も紹介してますが、ネットショッピングやマイルを貯めるには必須のサービスなのでまだの人は早めに登録しておきましょう。

▼こちらから申込むと30ptもらえます
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

同行者も無料のカードは高いし審査も難しい

同行者が無料になるカードは全て、招待制でしか持てないものばかりで、年会費が高かったので、今回の記事の対象には合わないかなと思ってます。
一応名前と価格と何名まで無料かだけ載せて紹介します。

招待制とは
自分から申し込むことができず、一つ下のレベルのカードで規定の決済額以上使ったり、発行会社のサービスをたくさん利用したりしていると招待が来て申し込むことができるカードです。

Recognized VIP 条件達成で年会費21,600円 通常54,000円 同伴者1名まで
MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの上位カード

楽天ブラックカード 32,400円 同伴者2名まで
楽天プレミアムカードの上位カード

セディナプラチナカード 32,400円 同伴者1名まで

JCB The CLASS 54,000円 同伴者1名まで

スルガVISAプラチナカード 64,800円 同伴者1名まで

スルガVISAインフィニットカード 129,600円 同伴者4名まで

アメックス・プラチナ 140,400円 同伴者1名まで
アメックスゴールドカードの上位カード

アメックス・センチュリオン 378,000円 同伴者2名まで

参考ページ:プライオリティ・パスが無料のクレジットカード一覧!家族・同伴者まで徹底解説

招待を受けるには、下位のクレジットカードでたくさん決済してきちんと支払いをしている必要があります。

私がアメックスプラチナの招待を受けた時の記事がありますので、よかったら見てみてください。

アメックスプラチナのインビテーションを1年でGET!中身&道のり公開!

2017.01.07

こんな時期にはプライオリティパスを考えて!

ということで、実は思ったより簡単に始められるし、メリットいっぱいのプライオリティパス。

旅行は格安命!という方にも、というか《そういう方にこそ》作ってほしい。

特にこういう時期にはプライオリティパスを作っておいたほうが良いです。

留学、ワーホリなど海外生活を始める前

留学、ワーホリなどで海外に行く前には絶対プライオリティパスを持って行ったほうがいいです。

海外では日本よりもっと旅行が身近で手軽だったりするので、旅行の回数も増えるでしょう。

そんな時にパスがあるとないとでは快適さが全然違います!

それに上で説明したように、プライオリティパスをお得に持つためにはクレジットカードに入会するのがポイントですが、留学、ワーホリなどで海外に出てしまったら日本のクレジットカードは作れません。

日本にいる間に、できれば会社で働いているうちに、準備をしておきましょう。

 

会社を辞める前

脱サラやフリーランスは自由ですし、そうなりたい人も多いかもしれません。

私としてもフリーランスはオススメです。

しかし、社会的信用度という面で会社員に勝るものはありません!

会社員であるうちにその利点を享受するべくカードなどは作っておきましょう。

ちなみに私は以前持っていたデルタスカイマイルシティゴールドVISAカードも、アメックスゴールドも会社員のうちに作りました。

一度持ってしまえば、きちんと利用分と年会費を支払ってさえいれば持ち続けられるので、発行だけは会社員のうちに済ませてください。

 

旅好き友と旅行に行く時

個人的希望です!笑

みんなで持とう!そしてみんなでラウンジ楽しもう!☆

まとめ

  • プライオリティパスを持っていれば、いつもの旅行がもっと快適になる
  • やり方によっては無料で始められる
  • 目的別オススメクレジットカードはこれ

ざっくりいうとこんな感じの内容でした。

旅好きの方にはぜひ導入してほしいと思います。

以上、Naoでした♪

現在募集中のセミナー

インスタ講座

シェアしてあなたの考えを聞かせてください

現在募集中のセミナー
インスタをなかなか活用できてない、、、とお悩みのインスタ初心者さま。
この2時間で一気に初心者を脱出し中級レベルにいける濃い〜内容です!

個別に一言アドバイスもあってめちゃくちゃお得!
ぜひご参加ください。
インスタ講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学卒業後、代官山のデザイン事務所にもちこみをしてデザイナーのキャリアをはじめる。その後20代後半でロンドンの美大セントマーチンズに社会人留学。約10年間グラフィック&Webの仕事を続けており、趣味はネットショッピングというWEB大好き人間。 【主な仕事】 WEBの制作・運営/Nao Creativeの商品企画・制作 提供中のメニューはこちら