ネットショッピング

本物のブランド品を海外から個人輸入で格安でゲットする方法

2017/06/11

こんにちは!今日は海外生活で身に付けためちゃめちゃお得なお買い物テクニックをご紹介します。
この方法を使えばものによっては10,000〜20,000円も節約して買うことができるので、ぜひぜひ使ってみてくださいね!

大抵のものは今ついてる価格から20-30%引きに出来る!

はい、まずはこのように信じる事が大事です。
社会生活の習慣として出された価格をそのまま受け入れてしまうと思いますが、そこに疑いの目を向けましょう。
今の世の中、ちょっと工夫すれば目の前の商品の仕入れ元にまでネットでたどり着くことができます。

マークジェイコブスのお財布の場合

ここからはわかりやすいように例を出していきます。

こちらのマークジェイコブスのお財布、日本の正規販売価格は36,000円(+税)です。消費税が8%なので実際は38,880円ですね。

Screen Shot 2016-07-01 at 1.14.18

※こちら、ちょうどセール前に探し始めたみたいで、数日でセール始まってしまいセール価格のキャプチャしか取れませんでしたヾすみません。本家でここまで安くなるなら人によってはここで買っちゃいたいという人もいるかもですね^^;ただ、下の方法は安く買えるだけでなく、品切れになった商品を取り寄せる際にも使えるので是非見てみて下さい。

同商品、BUYMAでもたくさん取扱われています。
だいたい24,000円〜26,000円くらいの価格になっています。定価に比べると35%OFFくらい。だいぶ安いですね。

Screen Shot 2016-07-01 at 1.18.33

楽天だとこれくらい。
最安値で24,800円のようです。楽天の場合、キャンペーン等を駆使すると、ポイントバック換算で実質もう1,000円くらい安くすることができますが、その辺はまたいずれ…。

Screen Shot 2016-07-01 at 1.31.55

これだけでも十分安い気がしますが、まだまだ序の口です!笑
次から本格的テクニックをご紹介します。

ちなみに筆者の意識として、「BUYMAで出品されている=海外でそれより5000円〜1万円安く売られている」と認識します。BUYMA出品者としてはこれぐらい上乗せして出してるはずなので

STEP1:英語名でGoogle画像検索

まずは、英語で画像検索をして、「正しい英語名」を見つけます。

例えば 「Marc Jacobs Wallet」で画像検索します。

001

コツ:「Marc Jacobs Wallet」だけでは絞り込めない場合、「Marc Jacobs Wallet Blue」「Marc Jacobs Wallet Zipper」「Marc Jacobs Wallet Blue Zipper」など、お目当てのものが表示されるまでどんどん絞り込んでいきましょう

出てきた結果の中から自分が探している商品を見つけたらクリック。

002

コツ:このとき、全く同じ商品でなくても、色違い、形がちょっと違うもの等であればクリックしてみてみます。そのコレクションの名前等が出てくるのでそれで検索してみましょう。(例:今回であればGotham)

英語の正式商品名をゲットします。
今回なら「Marc Jacobs Gotham City Leather Wallet」ですね

003

英語の正式名称がわかったら、今度はその言葉でGoogle画像検索をかけます。
すると、、、↓狙っているブランド品がこんなにたくさん出てきました!

004

それぞれの画像にマウスオーバーするとその画像がどこのものかが出るのでまだ見つけていないサイトだった場合は片っ端から右クリックで別のタブで開いておきます。

006

さらに詳細なキーワードが見つかったらそちらで画像検索し直します。
こちらは Marc Jacobs の Continental Wallet だったみたいで、Continental という単語を入れたら一気に気になっている商品ばかりになりましたね。

007

どんどん開いてリンク先の価格を確認していきます。

STEP2:価格を比較する時のポイント

サイトを開いて中身の価格等もろもろを比較していくのですが、この順番でみていきましょう。

  1. 価格。日本での価格の60〜80%くらいのやつをみていきます。
  2. ぱっとみたサイトの印象で個人経営っぽいのは省く
  3. 海外発送に対応しているかどうか

1について:
日本の価格と1000円〜2000円程度しか変わらないのであれば、関税、送料合わせると海外から買った方が高くなります。日本での価格の60%くらいで売られているものを狙っていきましょう。

2について:
後でサイトの信憑性を調べる方法を教えますが、ぱっと見てどう見ても個人レベルのものは時間の無駄なので省きましょう

3について:
間違いなくお買い得価格であることがわかったら、日本に発送してくれるかを調べます。
だいたいページのフッター辺りに「Shipping Rate」や「Shipping Policy」というリンクがあるのでそこから確認します。

さてここからは実際にいくつか開いてみてみましょう。

▼REVOLVE。聞いたことがあるようなないようなサイトです。
でも日本語対応をしてるという事は個人経営ではなさそうですね。
ただし価格が税抜き22,000円くらいという事で大してうまみはないです。
と思いきや、右に黒帯で10%OFFという文字が見えますね?これはニュースレターに登録すると初回限定10%OFFになるクーポンです。ということはこれを使えば19,800円。ふむ。
さらに100ドル以上お買い上げで、海外配送無料と書いてます!これはアリかも。

Screen Shot 2016-07-04 at 19.37.36

▼Bag to brag。こちらも聞いた事のないサイトです。
サイトのデザインをみても個人経営感がぷんぷんします。
が、価格の右下あたりに「Original Store: 6pm」と書いてあるところからすると、どうやらアフィリエイトサイトのようです。オリジナルサイトを覗いてみましょう。

⇒オリジナルサイトの6pmの方はアメリカでそこそこ有名なオンラインショップっぽいです(※調べ方は後ほどご紹介)。そして価格が$159(=約1.63万円)とかなりやすい!しかもプロモーションコード「FREEDOM10」いれると10%OFFだそうです!(グローバルメニューの下辺りに記載があります)つまり約1.5万円!これなら関税&送料入れても安くすみそうですが…アメリカ以外に発送していないようなのでアウトです。残念。

(※本当にめちゃくちゃ安い場合、転送業者を使うという手もありますが、今回はそれについては触れません。)

Screen Shot 2016-07-04 at 19.38.36

Screen Shot 2016-07-04 at 20.17.55

▼Selfridges.com
こちらはイギリスの超有名デパートのオンラインショップですね。信頼度は抜群です。
ただし価格が£180(=約25,200円)と特にうまみがないので「イギリスの有名デパートから取り寄せたの☆」という自慢がしたい人以外はパスで良いでしょう。

Screen Shot 2016-07-04 at 20.27.55

キュレーションサイトを使って調べる

上記のように画像検索で調べていると、必ずと言っていいほど出てくる2つのサイトがあります。
Polyvorelyst.comlyst.co.ukのときもある)です。

この二つは、オンラインショップの情報を集めて一覧表示するサイトです。

アメリカ、イギリス等の英語圏をはじめ、あらゆる有名無名オンラインショップの情報を集約してくれており、SALE価格まで表示してくれるのでお買い得商品が見つけやすいです。

早速これを使って調べてみましょう。

Polyvoreの場合

Googleの画像検索結果からPolyvoreに入った場合、下記の画像のように、一番上にクリックした画像の商品が出ています。この画像をクリックするとその商品を取扱っているサイトに飛びます。

このように、Polyvoreは自サイトで商品を販売しているわけではなく、他サイトの商品情報と写真を表示しているのみで、実際の購入などは元サイトで行うというのが特徴です。

また、下の方には類似の商品がずらりと表示されます。
この中にはGoogleの検索結果に出なかった商品やサイトもたくさんあるので、要チェックです。

Screen Shot 2016-07-04 at 20.42.27

lyst.com(あるいはlyst.co.uk)の場合

Google検索からLystに入った場合、まず大きくクリックした画像の商品が表示されています。こちらもPolyvoreの時同様、「Buy now」をクリックすると販売元サイトに飛びます。「Buy now」のしたに「from Selfridges」と書いてあるのはクリックすると、Selfridgesのサイトに飛ぶという意味です。

Screen Shot 2016-07-04 at 20.53.13

そしてLystの場合も下に関連商品がずらっと出ています。
さらにセールになっている商品は赤字で二重価格表記をしてくれているので、お得商品を探しやすいです。

こちらで探してみると…
お!$154(=約15,800円)のものがあります!(画像一番上の段左端)
先ほどの6pmのものとほぼ同じ価格。海外発送が出来たらかなり買い物件です!
クリックしてリンク先を確認しましょう。

Screen Shot 2016-07-04 at 21.18.04

▼Bloomingdales。
こちら、どうやらアメリカで有名なデパートらしく、サイトの信頼度はばっちりそうです!(※後で調べ方解説します)かつ日本への配送もやっています!送料は約4000円。関税が先払いにすると2,160円でトータル22,200円ほどです。うーん、まぁ安いけど3,000円くらいなら日本のサイトの方が楽な気も…

Screen Shot 2016-07-04 at 21.30.53

ということで、もっとお得な条件を探すべく、
Lystサイトに戻りさらに関連商品を見ていくと、、、、

見つけました!

なんとアメリカ価格の50%OFF、$105(=約10,825円)になっている商品が!!!
下の図の一番上の段、左から2番目のものです。
日本への発送はしてくれるのでしょうか。

Screen Shot 2016-07-04 at 21.02.39

▼NordStrom
'Gotham' Leather Continental Wallet - Nordstrom

リンク先はNordstromというサイトでした。
こちら、アメリカの有名デパートという事で信頼性OK!
送料約4,000円に関税約10%を足しても約16,000円!!!
日本の定価からすると実に22,000円OFFです!

(※非常に残念かつ大変申し訳ない事に価格が表示されたキャプチャを取る前に売切れてしまいました…。売切れですが商品ページのリンク先だけはらせて頂いてます。)

送料と関税の存在

海外から購入するのをためらわれている一番の理由が関税と送料だと思います。
「関税って後から請求されるんでしょ…。いくらかかるかわからないなんてコワい!」
「海外から発送ってことは送料が馬鹿高いに違いない。だったら普通に日本で買った方が得」

このように思われている方も多いかと思います。

関税がかからないケースもある

日本円にして税込10,000円以内の場合、個人輸入であれば関税はかかりません。
今回のNordstromの場合、価格がぎりぎり10,000円くらいでしたので、到着時に関税がかからない可能性も結構あります。
またかかったとしてもだいたい10%くらいなので、多少のリスクを取れるなら後払いにしてしまいましょう。

リスクといっても購入時より円安になっていて少々支払額が増えるかも、という程度です。
上手くいけば関税がかからないので、リターンの方が大きいかとは思いますが、購入時からクレジットカードの引き落とし時期の間に日本が破産して超円安になってしまった時のことなどを考えてしまう慎重派の人は念のため先払いにすると良いと思います。

※追記:
10000円を超えていても関税がかからないことも実は多々あります。
今回のお財布に関して、最終的にBloomingdalesで買ったのですが(購入価格が15800円くらい、送料が4000円くらい)関税がかからないかもしれない可能性にかけて関税後払いにしたところ、結局関税がかからずお得にゲットできました。
少しでも安く買える可能性を信じたい人は、かつ価格が20000円以内くらいの場合は、関税を後払いにするのも手かと思います。
※リスクは受け取り時まで関税価格がわからないことですが、関税ですので目安は調べられますし、ぼったくられるということはありません。

全世界あて送料が無料のサイトも結構ある

日本の通販事情からすると考えられない事だと思いますが、全世界あてにビジネスをしている英語圏のサイトでは、海外発送でも送料がかからないところも結構あります。
先ほど出ていたREVOLVEも$100以上購入で海外送料無料でしたよね。
他には最近日本でも結構流行っているイギリスのオンラインショップASOSなんかも世界中に送料無料で配送してます。

また、上記のBloomingdalesやNordstromの様に、たとえ4,000円の送料がかかったとしても日本円より安い商品もあるので、海外サイトを探してみる価値はあります。

サイトの安全性をチェック

いよいよ実際に買うお店のアタリがついてきたら、そのサイトが安全かどうかしっかりチェックします。

調査の方法としては以下のようなものがあります。

・「(サイト名) 安全」「(サイト名) 評判」などで検索する
⇒結構大手のサイトであれば日本語対応しており、日本人でサイトを使用した人がブログに感想を書いていたりしますので、まずは日本語で調べてみましょう。

・実店舗があるか調べる
⇒やはり実店舗があれば安心できます。また、私たちが知らないだけで現地では結構有名なデパートだったりもするので、実店舗が何店舗もあるようであれば「カタカナ読み+国名」「サイト名+英語の国名」などでも調べてみましょう。有名デパートだったら安心です。

・サイトの安全性を出してくれるサイト
⇒サイトのドメインを入れるとサイトの安全度を100%中何%くらいか出してくれるサイトがあります。
http://www.scamadviser.com/

検索窓のようなところに、気になるオンラインショップのドメインをいれて「Check it now」ボタンを押すと安全度がゲージのようなもので表示されます。

試しに先ほどのNordstromでやってみたところこんな感じでした。

Screen Shot 2016-07-04 at 22.21.12

「High Trust Rating. This Site Looks Safe To use.」
「信用度高し。このサイトは使っても安全そうだ」

となっており、ゲージも一番右の緑のところに来ています。

さらに下には実店舗があるかどうか、ドメインが何年使われているか、本社はどこにあるかなどが表示されます。

Screen Shot 2016-07-04 at 22.21.26

↑これでNordstromは本社がアメリカにあり、オンラインショップと実店舗があり、本社はアメリカのポートランド市にあるということがわかります。

さらに安く買うテクニック

長くなったので、こちらのテクニックはまた日を改めて記事にします。
ざっと内容をご紹介するとこんな感じです。

クーポンコードを探して使う

有名どころで言うとRetailmenotとか。
https://www.retailmenot.com/

他にもわんさかあるのでご紹介します。

記事が待ちきれない方は、以前書いたこちらの記事をご覧下さい。
海外進出する人必見!格安印刷をさらに安くしちゃう裏技

対象が印刷会社になっていますが、クーポンコードの探し方の部分は同じです。

キャッシュバックサイトを経由する

こちらも有名どころで言うとtopcashback.comとか。
topcashback.com

他にもわんさかあるのでご紹介します。

同様に記事が待ちきれない方は以前書いたこちらの記事をご覧下さい。

海外進出する人必見!格安印刷をさらに安くしちゃう裏技

キャッシュバックサイトの使い方も書いてます。

※一つご注意
topcashbackはtopcashback.comtopcashback.co.ukのサイトがあるのですが、
topcashback.co.ukの方はイギリスの口座にしか引き出せないようなので、
日本在住の方はtopcashback.comの方を使ってください。
こちらは日本の口座にも引出しできるそうです。

一旦ここまでで区切ります。長らくお読みくださりありがとうございました。

追伸:
もし、欲しい商品があって、安く買える海外サイトを筆者に調べて欲しい人がいましたら、コメント欄に連絡ください。最安値サイトを見つけてお答えします。
(完全にただの趣味でやってます。)

※免責
こちらの記事に基づいて海外から商品を買う際は全て自己責任でお願いします。
この方法を実践して被った損害について筆者およびサイト運営者はいかなる責任も負えません。

この記事を書いた人

Nao
NaoNao Creative 主宰
早稲田大学卒業後、代官山のデザイン事務所にもちこみをしてデザイナーのキャリアをはじめる。その後20代後半でロンドンの美大セントマーチンズに社会人留学。約10年間グラフィック&Webの仕事を続けており、趣味はネットショッピングというWEB大好き人間。

【主な仕事】
WEBの制作・運営/Nao Creativeの商品企画・制作
提供中のメニューはこちら

-ネットショッピング