シベリア横断

境港フェリーターミナルの両替、Wifi、コンセント、チェックイン他

2017/11/19

こんにちは!世界をめぐるWebクリエイターNaoです。
先日東京からロンドンまで飛行機なしで移動する旅を16日間かけて行ってきました。
(今回の旅の総合まとめページはこちら→【実録】飛行機を使わずに東京からロンドンまで実際に行ってみた!

こちらのページは行程に沿いながら、より詳細な内容を書いた日記です♪写真などをたくさん入れていますので、一緒に旅をしているような臨場感を味わっていただければと思います^^

▼境港フェリーターミナル

飛行機を使わずに東京からロンドン1日目②境港フェリーターミナル

「飛行機を使わずに東京からロンドンまで旅行」1日目の日記②です。
境港のフェリーターミナルの様子を詳細に記載しています。
前回の記事はこちら→1日目①:東京から境港までの移動。フェリーと鬼太郎の街、境港
その他の日程の日記は一番下のリンクからどうぞ♪

境港フェリーターミナルについて

境港フェリーターミナル行きのシャトルバス

韓国・ロシア行きのフェリーが出る日には、境港駅からフェリー乗り場までシャトルバスが出ます。その時間が一番早くて15:15発でした。

フェリーは19時出発ですが、17時までにチェックインするように言われていたので、15:15発よりもっと早く行く方法があるならそうしたいと思っていたので観光案内所で聞いてみたところ、

「一応巡回路線バスが走っているけど、フェリー乗り場から一番近いバス停からフェリー乗り場までちょっと歩かないといけない。またバスは右回り、左回り合わせて30分に1本走っているが、逆回りに乗っちゃうと目的の駅に着くまで1時間近くかかって意味がないので、実質1時間に1本しかない状態。早めに着きすぎてもフェリー乗り場には何もないので、大人しくシャトルバスに乗った方がいい」

とのことでした。

実際15:15のシャトルバスに乗って行ったのですが、フェリー乗り場にはほぼ誰もおらず、カウンターも閉まっており、17時をすぎてようやくカウンターが開きました。(17時までにチェックインって言ってたのに!笑)
なので、シャトルバスで行くので全く問題ないです^^

シャトルバスの時刻表をこちらに貼っておきます。(2017/10/28現在)

私たちは一番早い15:15ので行きましたが、他の人たちが集まってきたのは16:05発のシャトルバスくらいからで、17時を過ぎても来る人がいました。

遅くに来る人たちは主に韓国人の団体観光客でした。個人旅行で、チケットの支払いも必要なのであれば、遅くとも16:35のシャトルバスで行ったほうがいいかなと思います。

また日本円→ロシアルーブルへの両替をフェリーターミナルでしたいと思っている人は一番早いシャトルバスで行きましょう!詳細は後述します。

余談ですが、シャトルバスは小さいワゴン車って感じでMAX15人くらい乗れそうな感じです。
行く途中は境港の港沿いを走るのですが、その光景が綺麗でした♪
「シャトルバス降りてから歩いて写真取りに来よう♪」と思ってたんですが、ターミナルは孤立していて港まで戻るのは無理な感じだったので、バス内で写真撮っておけばよかったです。
進行方向左側の座席に座ると景色が良く見えます☆

堺港フェリーターミナルの両替所

ロシアルーブルのレート最高!
ターミナル内には小さい両替所があります。
両替所っていうほどのものでもなく、机が一個あるだけ。
この港を利用する外国人から「両替はできないのか」という問い合わせが多かったということで、
境港市の役所がほぼボランティアみたいな感じで両替を始めたらしいです。

参考ページ:外貨両替サービス境港市観光協会(DBSフェリー到着 出発日対象)

私たちは東京でルーブルを用意する時間もなく、また境港駅周辺の銀行も、フェリー出発日が土曜日のため閉まっているということでこのターミナル内の両替をあてにしていました。

これがめちゃめちゃレート良すぎてびっくりでした!!笑
1,500円で1,000ルーブル。その日のルーブルのレートが1ルーブル=1.9円くらいだったから、上乗せなしのレートより安い!なんてこった!
※レートはもちろん日によって変わるのでご注意ください。

≪※ターミナル利用者対象の為、高額の両替はできません。≫

って書いていたので、1人2,000ルーブルくらいまでしか買えないのかなーと思って、一応「最大いくらまで両替できますか?」と聞いてみたところ、

「今ここに15,000ルーブルあるからそれまでだったらOK」とのこと。

「え、全部両替していいの?次の人困りません?」「いいよいいよー」と1人目の客の私たちに全ルーブルを売ることをあっさり承諾!笑

結局現金をあまり持っていなかったので全部買い占めはしませんでしたが、早いもの勝ちで全部両替されちゃって買えないって可能性もあるかもしれないので、ロシアルーブルの両替のアテをここだけにしている人は早めにターミナル行ったほうがいいかもです!

▼ルーブルで札束自撮り風をやってみるw

ちなみにこの両替所のおじさん、見た目いかつかったけど優しくて、色々教えてくれました☆

2人でシベリア鉄道でロンドン目指すんですーって言ったら笑われるかと思ったけど、普通に「そっかー。もう結構寒いね」って言ってて、さすが、慣れてる!!とか思いました。

堺港フェリーターミナルの売店

両替所の隣に小さい売店があります。
売店っていうか、ものを並べただけのシンプルなものですがw
境港観光協会の方が運営されてるようです。
(境港の駅前観光案内所にいた日本語ぺらぺらのロシア人お兄さんが私たちと同じバスに乗ってターミナル来て売り子やってましたw)

堺港フェリーターミナルのWifi&コンセント

境港フェリーターミナルはwifi使えました
そしてチェックイン入り口横と駅の待合スペース後ろ側にコンセントがあります。
こちらも聞いてみたところ「使っていいよー」とのこと。
ノマドできるぞここは!(誰もやらないだろうけど。笑)

Wifiのパスワードは両替所の机に書いてました!
時々パスワード変えてるっぽいですね。

▼この写真を撮ってるすぐ後ろあたりと奥に見える乗船口の横あたりにコンセントあります。

人全然いないからコンセント使ってても誰も気にしなそう。一応聞きましたけどね。

境港フェリーターミナル内のフェリーカウンター

17時までにチェックインって言われてたのに実際カウンター空いたのは17時2分。
(カウンター横に17時カウンターオープンって書いてました。17時までにチェックインと17時にチケットカウンターオープンって全然違くない?!笑)

カウンターは美人のロシア人お姉さん。日本語ペラペラです。あとアシスタント的な韓国人のお兄さんがいました。
予約した名前を伝えて、パスポートを見せて料金を払ってチケットゲット!

ここでまた余談なんですが、
私たち日本でレンタルポケットWifiを使ってました。
それをポストに投函して返却しなければいけなかったんですが、投函を忘れてターミナルまで来てしまい、、、どうするよこれ、2週間かけてイギリスまで持って行ってイギリスから送る…?と途方に暮れていました(T_T)
ダメ元でカウンターのお姉さんにポストないかって聞いたところ、「ポストはないけどこのまま投函するだけでいいんなら、私がやっておきますよ」って行ってくれたーーーー!!女神ですか!!!めっちゃめちゃ助かりました。ありがとうございました!!(T▽T)

境港フェリーターミナルのチェックイン

17時にチケットカウンターが開き、17時20分くらいに日本人のおじさんおばさん団体旅行客がきて、フェリー内はちょっと賑やかになってきました。

▼ちょっと賑やかになったターミナル内

17時半くらいに仲良くなった両替売り場のおじさんが「もうすぐ韓国人乗客が300人くらいくるドバーっとくるから入り口に荷物置いて待機しておけ」とBig Tipsを!

言われた通りチェックインカウンターが開く前に早めに陣取りして開いたらすぐにチェックイン!
荷物検査をして、出国審査でした。

▼乗船口

日本人の私は特に何もなく、出国スタンプを押してもらいました。
審査がすぎたら船乗り場へ!

1日目③の日記に続きます!
次はDBSクルーズフェリーを中心に書いていきます。

前回の記事はこちら→1日目①:東京から境港までの移動。フェリーと鬼太郎の街、境港
次回の記事はこちら→1日目③:DBSクルーズフェリーの予約方法、客室、Wifi、コンセントなど

この記事を書いた人

Nao
NaoNao Creative 主宰
早稲田大学卒業後、代官山のデザイン事務所にもちこみをしてデザイナーのキャリアをはじめる。その後20代後半でロンドンの美大セントマーチンズに社会人留学。約10年間グラフィック&Webの仕事を続けており、趣味はネットショッピングというWEB大好き人間。

【主な仕事】
WEBの制作・運営/Nao Creativeの商品企画・制作
提供中のメニューはこちら

-シベリア横断