ネットショッピング

iPhone7、アメリカから輸入せず日本のApple Storeで買って大正解

2017/06/11

2013年にロンドンでSIMフリーのiPhone5 16GBを買ってから実に3年ほどiPhone5を使い続けてきた私。
自分としては最新機種を買ったという思いでしかないのでいつまでも新しい携帯を使っているような気分だったのですが、最近になって動きが遅くなったり、充電がすぐに切れたりとぼろが目立ってきてました。そりゃーそうです。3年も使っているとなると、携帯業界では、特にiPhoneではかなり長く使っている方です。

そろそろ買えようかなーと思っていた折に、カシモの営業電話でiPhone7購入の意思を固めた私。
詳細は「噂のカシモでiPhone7をゲット?!本当にお得か検証」をご覧下さい。

本日ついに、iPhone7買ってきました。
結構ノリだけだったのでiPhone7のスペックの下調べをほぼ全く何もしていない状態で買いにいきましたが、後から日本限定の仕様などについて知り、日本のApple Storeで買って本当によかったなと思えたので、いろいろまとめてみたいと思います。

iPhone7、アメリカから輸入するという選択肢を考えた3つの理由

メーカーの所在国で買うと安く買えることがあるから

iPhoneに限らずなんですが、何かモノを買う時、まずは海外からの輸入を考えます。
というのもモノによっては発売元の国で買った方がウン万円近く安くなることもあるから。

実際以前NEXUS5.5を買ったときは、ストアで買うのではなく、Google Playで買う(実質アメリカからの取り寄せになる)ことで2万円近く安くなりました。

今回も少しでも安く買えるならと思い、アメリカとイギリスでの販売価格を調べてみました。

iPhone7の価格比較
アメリカ
32GB $649 (=約¥66,899)
128GB $749 (=約¥77,207)
256GB $849 (=約¥66,899)
※1ドル=103.080000円(執筆時点)

イギリス
32GB £599 (=約¥77,274)
128GB £699 (=約¥90,174)
256GB £799 (=約¥103,074)
※1ポンド=129.004620(執筆時点)

日本
32GB ¥72,800(税抜)¥78,624(税込)
128GB ¥83,800(税抜)¥90,504(税込)
256GB ¥94,800(税抜)¥102,384(税込)

おぉーやっぱりアメリカでの価格は日本の価格より安い!

余談ですが、アメリカ、イギリスのサイトでは税込価格が表示されてるんですが、日本のサイトでは税抜価格が表示されてます。日本でまだ許可されている安く見せるためのこの方法が嫌いです。

写真を撮る時の「カシャ」の音が消せるから

盗撮防止のために、例えサイレントモードで音を消していても、写真を撮るときのカシャ音は消せないというのは日本人にとっては常識ですが、これって日本だけの仕様*というのはご存知でしたか。
(*正確にはアジア圏の一部の国。韓国仕様のものもカシャ音消せないそうです)

アメリカやイギリスではマナーモードにしたら写真を撮るときのカシャ音も消えます。
レストランなどで料理の写真を撮るときも恥ずかしくない(゚∀゚)
ということですごく細かいこだわりではあるんですが、出来れば海外仕様のものを買いたいと思ってました。

海外の方がいろんな割引を使えるから

海外サイトだと、公式サイトでもクーポンコード適応できるところが多く、またそのクーポンコードも「店舗名 + Coupon code」「店舗名 + Promo code」などで検索すると簡単に手に入るので、お得に買えるテクをいろいろ使えるからです。

結局日本のApple Storeで買うことにした理由

上記のような理由から、アメリカからの輸入も考えたのですが、結局は日本のApple Storeで買うことにしました。理由は3つあります。

アメリカのApple Storeは日本発送してなかった…

単純な話、Apple Storeは海外配送してませんでした…。
日本に公式ストアあるんだからそこで買えと。まぁしごく当然と言えば当然なのですが。
ちなみにアメリカのApple Storeのオンラインサイトも、イギリスのApple Storeのオンラインサイトも、どちらも日本配送NGでした。

公式以外のアメリカやイギリスのオンラインショップでもしかしたら日本への発送が出来るところがあったもしれませんが今回はそれは調べませんでした。

転送サービスを使ってアメリカの公式サイトから買うことも出来ましたが、転送サービスの利用料と日本への送料を考えると日本での価格と大して変わらなくなるのでやめました。

金利ゼロの分割払いができたから

一番の理由はこれです。
今回カシモの営業に触発されて月々分割払いでiPhone買おうと思っていたのですが、海外から買う場合はもちろんローンなんて出来ません。分割払いで買う方法としては、クレジットカードで購入し、その支払いを分割にするという方法がありますが、その場合利子が高くつくのでせっかく海外から安く買えたとしても意味がありません。

Apple Storeで12回払いまでは金利ゼロで分割払いが出来るとのことだったのでこちらで買うことにしました。

iPhone7の仕様、思った以上にブラッシュアップされてた

Apple Storeで購入してから手続きを待っている間にiPhone7のスペックの内容をようやく見まして、思った以上に便利な新機能がついてiPhone7にしてよかったなー!と思いましたのでいいと思ったポイントをいくつか記載します。

日本版のみFeica対応!suicaのチャージも出来る

まずはこれ!これが日本のApple Storeで買ってよかったと心底思った理由です。
なんとiPhone7からオサイフケータイに対応してます!
suicaやクレジットカードを入れて持ち歩くことが可能。
これが日本だけの仕様らしく、アメリカから買ってたらついてなかったと聞いて今回ばかりは本当ーに日本で買ってよかったと思いました!カシャ音が消せないことくらいなんのそのです。

防水仕様で多少なら水で濡れてもOK

こちらも!iPhoneには待望の仕様で、防塵・防水仕様になっています!
お風呂にポチャンしちゃったくらいでは壊れないみたいです。
これで水に濡らして壊しちゃうという不安安心していられる…

ホームボタンは使いにくくなったけど壊れにくくなったらしい!

ホームボタンは店頭で触ってみた時に、正直そんなに好きじゃないと思いました。
押してる感覚がなく、なんだか物足りないような気がして…。
でもタッチセンサー式にすることで壊れにくくなったらしいです。

円高の影響で発売時価格がiPhone6sより安いらしい

iPhone6s発売時よりUSドルが下がっているため、
iPhone6sの発売当初の価格よりiPhone7の方が安いらしいです。へぇー。ちょっと得した気分。

個人的には新色のジェットブラックはあまり好きじゃない

もう一つ店頭で買うことの良さですが、実物をみて選べるというのはやはりいいですね。
ネットで買うことを考えていた時は人気の新色ジェットブラックにしようと思ていたのですが、
いざ実物を見てみると、ジェットブラックは表面がつるつるエナメルっぽい光り方をしていて、昔のiPhone3とかを彷彿させるなと思ってしまいました。
ブラックの方がマット目な仕上がりになっていて個人的に好みだったため、
ゴールド、ピンクゴールドと迷ったのですが、最終的にブラックにしました。

その他:Appleのシークレット割引について知れた!

この情報は店舗で買わなければ絶対知れなかったのですごい収穫でした!
基本的に値引きやセールの一切ないApple Storeですが、なんと、あなたのお勤めの会社によっては割引がきくことがあるみたいです。

今回割賦で買いたかったためApple Storeに行ったのですが、そのローンの申込中に身分証を見せたときに、私の勤務先をみたローン担当さんが、「○○(会社名)さんですか。○○さんだったら割引の対象ですね」とのこと!

なんと!あの値引きがないことで有名なAppleで値引き!

話を聞いてみるとおそらく福利厚生の一環で、Appleと契約している企業には割引があるとのこと。
割引率も会社によって違うし、Appleのサイトに対象企業の一覧がある訳でもないけど、対象企業の中では割引について案内されているらしい。

私は社内でそんな話を全く聞いたことがありませんでした!
きっとどこかの福利厚生に関する部署とかに書いてあったりするんでしょう。

ちなみにどれくらい割引になるかは企業によって違うので店員もバーコードを通してみるまでわからないとのことです。
対象店舗に対しても前述のようにどこかに一覧が掲載されている訳ではないので、自分の会社が対象かどうかは店員さんに聞いてみましょう。

この辺の詳細は下記の記事に書きましたのでよろしければご覧下さい。
「Apple Storeにシークレット割引があった!MacやiPhoneを安く買う方法」

ただ今回、iPhone7に関してはまだ発売されて間もないため、割引はありませんでした。

Apple StoreでiPhoneをローンで買ったときの手続き

ちょっと横道にそれますが、Apple Storeでローンを組んでiPhoneを買ったときの手続きをざっと書いておきます。

・ローンで購入を希望する旨を販売スタッフに伝える
・開いてるMacの前に連れて行かれ、ローンの申込をオンラインで記入するように言われる
 ├記入するページは2ページ。基本情報の他、家のローン等があれば記載が必要
 └申込に当たって運転免許証や保険証などの身分証の提示が必要
・2ページ書き終わったら店員さん(ローン担当スタッフ)に声をかける
・ローンスタッフが必要事項を記入する
・審査の間、10分ほど待つ
・オリコの審査担当からAppleのローン担当のスタッフに電話がかかってくる
・途中で一度電話を変わり、記載事項に間違いがないかと住所の復唱、緊急連絡先を伝えるなどする
・電話を返す
・審査結果が出る

無事審査とおりました!

その後の手続きとして、自宅にオリコからローンの申込用紙が届くので、記入、銀行口座の登録をして返送する

来月から支払い開始

とのことでした。

<まめ知識>
途中で一括返還が出来るのかApple Storeスタッフに確認したところ、
「ここから先はオリコさんとの契約になるのでそれ次第ですが、途中で一括の変換は出来ると聞いています」
とのことでした。

ちなみに返還回数については後から変更できないとAppleのホームページに書いていました。

iPhone7の使い心地

そんなこんなで無事ローンが組め、iPhone7を手にすることができました!!

使い心地ですが、使い始めてみるとホームボタンの押し心地はあまり気にならなくなりました。
ホームボタンを押すと全体が押されたようになることで押した感が補われていました。

まだ同期が終わりきっていないため詳しい感想は書けませんが今のところ気に入っています。
suicaやクレジットカードを入れてみたらまた感想を更新したいと思います。

この記事を書いた人

Nao
NaoNao Creative 主宰
早稲田大学卒業後、代官山のデザイン事務所にもちこみをしてデザイナーのキャリアをはじめる。その後20代後半でロンドンの美大セントマーチンズに社会人留学。約10年間グラフィック&Webの仕事を続けており、趣味はネットショッピングというWEB大好き人間。

【主な仕事】
WEBの制作・運営/Nao Creativeの商品企画・制作
提供中のメニューはこちら

-ネットショッピング