経歴

奨学金で早稲田大学に4年間タダで通えることになったのに、1年で失格になった私が伝えたい大学の選び方と人生の話

2017/04/11

2000年代の2月頃、わたしは早稲田大学大学に4年間タダで通える招待状を受け取りました。
大隈記念特別奨学金の奨学生に選ばれたのです。

が…!!
タイトルにもある通り、たったの1年後に資格を剥奪されて絶望に陥りました。(T_T)

あまり話してこなかったこの私の経験ですが、奨学生をゲットしたところから、剥奪されたところまで一通り経験しているので、早稲田大学の奨学金を狙っている人、あるいはゲットしたけど遊びまわっていて落としそうな人(あんまいないですよね、たぶん。。。)、早稲田の奨学金って本当にあるんかいなーと興味を持っている人、などなどのお役に立てればと思い記事にさせていただきます。

pc112369-500x375

早稲田大学の奨学金の話を書こうと思った理由

・大隈記念奨学金は対象人数が少ないので、自分の経験が狙ってる人の役に立つかと思った
・大隈記念奨学金をもらった人はいれども、ダメすぎて剥奪された人はあまりいないだろうから、自分の経験がもしかしたら役に立つかもと思った
・最近、自分をもう少しさらけ出そうと思っているから
・とりあえずやってみた

最近、もっと自分の日常とか、今考えていることとかを出していきたいと思っています。
そのためにこれまでバラバラに運営していた留学ブログ(留年ブログとちゃうでー)や自分のポートフォリオブログもこのブログにまとめました。が、どうもイマイチ自分のことを書くのに慣れないため、過去の経験で役に立ちそうなところから記事にしてみようと思った次第です。

早稲田大学の奨学金で学費免除って本当にあるの?

早稲田大学の奨学金で学費免除って本当にあるの?と、今はわかりませんが、私が受験生当時は情報も少なく噂になってました。

学費免除の奨学金、あります。ありました。

私が大学入学したのは2000年代なのですが、今もまだあるのではないでしょうか。
私の他に、受験仲間の一人も別の学部で大隈記念特別奨学生入学(奨学金で学費免除)の連絡がきていましたので、おそらくすべての学部に数人分はあるのではないかと思います。

大隈奨学金には2種類あるみたいで、1年間学費免除のものと、4年間免除のものがあるみたいです。学部によって奨学金の割り当てを一人に当てて4年にするか、人数を増やして1年にするという風に決めるのか、あるいは、全学部に4年免除の奨学生と1年免除の奨学生がいるのかはわかりません。

友人が別学部で受けていたのは1年免除で、私が受けられたのは4年間学費免除のものでした。

早稲田大学の奨学金で学費免除をゲットできるのは何人?

私の学部、私の年度には私ともう1人の計2人が学費4年間免除の奨学生となりました。
うちの学部に1年間免除の人がいたかどうかはわかりません。
また、入学時期は4月入学でした。
9月入学にも同じ条件の奨学金があるのかどうかはわかりません。

早稲田大学の奨学金で学費免除をゲットするための成績や条件は?

多くの人が気になるのは、一体何点取ったら早稲田大学の学費免除の奨学金を受けられるの?ってことだと思います。
私の成績は

・国語満点
・英語100点中90点代
・数学満点

でした。

たぶん受験組の中で1位だったと思います。
ただ、私の場合学部は文系学部を受けたのですが、もともと理系で数学を文系範囲以上にやっていたという点で少し有利でした。

もう一人の子はAO入試と行っていたので、AO入試から1人、一般入試から1人が選ばれたのかなと思いました。

早稲田大学の奨学金で学費免除が剥奪された話(泣笑)

はい、冒頭から申し上げているように、せっかく選んでいただいた大学にはものすごーーーーーく申し訳ないのですが、たったの1年で奨学資格剥奪となってしまいました(涙)

理由としましてはかんたんで、前期からいくつか授業に出なくなり、単位を落としまくっていたからです(爆)
もう、本当にすみません。申し訳ございません…

というのも、先ほどもちらっと話したように、もともとは理系志望で文系学部に入ってしまったこともあり、授業も学部の雰囲気も体に合わなかったんです。。。

高校までオタクな男子たちの間で隠れオタクとしてアニメ等にはまっていた私が、生徒の80%女子、しかもキラキラ&ギラギラな(笑)ワセジョたちに囲まれ、どうしていいかわからんかったんですー(T_T)

授業には興味を持てず、、、かといってサークルなどを楽しむでもなく、後ろ向きに生きていたところ、前期終了時に呼び出しをくらいました。。。

「naoさん、ちょっと、、、、成績が、奨学生にしておくには足りないかなー^^;」

がーん(T△T。)

と同時に

ですよねー(’▽’;)

って思いました。

「後期がんばって盛り返してね!まだ頑張れば道はあるからね」

と言っていただいたのですが、その後も頑張ることができず、1年後期に再度呼び出しが、、、、

「残念だけど、、、資格は剥奪となります」

OTZ

覚悟はできてたし、しょうがないと思ったけど、思った以上に凹んだ。

120万×3年で360万円を棒に振ったことになりますからね…
ただ当時の自分はそういうお金の感覚とか、奨学生の義務とか、親に申し訳ないとかの意識が全くないバカチンでした。

早稲田大学の奨学金で学費免除が剥奪された時の成績

これも気になる話だと思います。
確か1年目で3、4個単位を落として(D、という成績だったと思う。確か)、Cが3つくらいあったと思います。
普通に単位さえ取ってれば、特段厳しい条件はなかったと思います。オールAでないとダメ、とかそういうことはないはず。そういうのがあれば最初に説明されると思うので。
順位でいうと学年の中で真ん中以下だったと思います^^;

ちなみにもう一人のAO入試で受かった子はめっちゃ優秀な成績を収めてました!!

早稲田大学の奨学金で学費免除が剥奪された、その後

その後、2週間~1ヶ月ぐらいかなり落ち込みましたが、そうはいっても仕方ないので、親に謝ってそのまま卒業まで4年間通いました。

3年生の時にフランスに留学したことがきっかけで、その後の人生が大きく変わることになり、最終的にはこの大学に進んだのは運命だったとまで思えるようになりました。

早稲田大学の奨学金で学費免除を目指すみなさんへ、わたしが伝えたいこと

今、受験生として、早稲田大学の大隈記念奨学金を狙っている皆さんに、元大隈記念奨学生かつ1年で剥奪され、その後立ち直ってなんとか卒業できた私からのメッセージです。

まず、大学選びはめちゃめちゃ大事です。
本当に、大学でその後の自分の方向性が一旦大きく決まってしまうと思います。
大学は、自分の専門を作るところだから。

なので、成績や、他者からの評価は気にせず、本当に自分のやりたいこと、本当に自分の行きたい大学を選びましょう

出来るなら、浪人をしてもいいと思います。
当時は浪人なんてカッコ悪いとか、2浪はないわ、とか思ってましたが、2浪してちゃんと第一志望に受かった友達や、3浪して医学部に行って今は華の女医としてバリバリ活躍している友達を見るにつけ、本当にやりたい方向に行くために入学が数年延びるのって実は大したことないなって今は思います。浪人しても受かるかどうかわからないから怖い、というのもあると思います。それはもう、自分を信じて頑張るしかない。絶対いけると思ってやりきるしかないです。

もちろん、むしろ大学に行かない、海外へ行くなど、全く別の道を選ぶのもいいと思います。

そして、私のように選んだ大学が合わなくてつらい思いをしている人へ。
大丈夫。そこだけが世界じゃない。合わなかったら他に移ればいい。
そして、それでもそこに行ったことは絶対に無駄じゃない。

私はその後留学して、そこで海外にはまって、結局アートの道でまた留学したり、その後イギリスで働いたり、自分のブランドを立ち上げる機会を得たりしました。プライベートでも今の彼氏とイギリスで出会ってずっと仲良く付き合ってます。

また、大学のつながりで多くの人に出会って、ものすごーく支えていただいて、たくさんのお仕事の機会などもいただいてます。

今は、この大学に行ってよかった、この道を進んでよかったと。心の底から思っています。
資格を剥奪されたことも、必要なことだったと思っています。

今回の記事が少しでもどこかの誰かのお役に立てたら嬉しいです^^

この記事を書いた人

Nao
NaoNao Creative 主宰
早稲田大学卒業後、代官山のデザイン事務所にもちこみをしてデザイナーのキャリアをはじめる。その後20代後半でロンドンの美大セントマーチンズに社会人留学。約10年間グラフィック&Webの仕事を続けており、趣味はネットショッピングというWEB大好き人間。

【主な仕事】
WEBの制作・運営/Nao Creativeの商品企画・制作
提供中のメニューはこちら

-経歴