シベリア横断

【実録】飛行機を使わずに東京からロンドンまで実際に行ってみた!

2017/11/20

こんにちは!世界をめぐるWebクリエイターNaoです。
この度、旦那さんと2人で「飛行機に一切乗らずに東京(横浜)からロンドンへ移動する」ということをガチでやってきましたので、それについてレポートしたいと思います。

出発前、いろいろリサーチしたんですが、「シベリア鉄道横断」については多くの記事を見かけたのですが、東京からロンドンまで全行程飛行機なしで旅行したという人は見つけられませんでした。なので、その全てと、そこで学んだ「次はこうしたほうがいい」をシェアしたいと思います。

・飛行機恐怖症だから一生ヨーロッパには行けないかもしれない
・一生に一回はシベリア鉄道で大陸を横断してみたい
・モスクワまでいった後はどう移動すればいいの?
・実際何日くらいかかっていくらくらいかかるの?

そんなお声にリアルな体験談をお伝えできればと思います。

飛行機を使わずに東京からロンドンまで行くことになったキッカケ

旦那さんの飛行機恐怖症

私の旦那さんはイギリス人なのですが、現在一緒に日本に住んでいます。
そんな旦那さんが、事情によりイギリスにしばらく帰らなければならなくなりました。
マイルを使って旦那さん希望のBritish Airwaysで羽田→ロンドン直行便をほぼ無料で予約できてウハウハしていたのですが、出発当日に「やはり無理、、、」という話になり、急遽シベリア鉄道をメインに飛行機を使わずに東京からロンドンまで行くことになりました。

いつかはシベリア鉄道横断してみたいな〜とぼんやり思っていたのですが、まさか本当に実現するとは…!
こんな機会でもなければきっとなんだかんだで一生乗ってなかっただろうと思うので、連れて行ってくれた旦那さんに感謝です。

飛行機を使わずに東京からロンドンまで行く際に決めた条件

 ・飛行機は乗らない
 ・バスも乗りたくない
 ・ホテルは3つ星以上必須

飛行機は旦那さんの事情によりもちろんですが、私としてはバスは絶対イヤだと思ってました。もう昔のようにバスでの長時間移動には耐えられない。。。
(昔は高速バス普及隊くらいの情熱を持ってバスを推奨してたんですが笑。VIPライナーのファンで超推してましたw)

また、ホテルに関しても、ただでさえ疲れる長旅なので、きちんとリラックスできるところがいいということで最低でも3つ星、できれば4つ星以上を考えていました。

飛行機を使わずに東京からロンドンまで行った時の詳細ルート

▼東京からウラジオストクまで

▼ウラジオストクからロンドンまで

 東京(横浜):日本
  ↓
 岡山:日本
  ↓
 米子:日本(鳥取)
  ↓
 境港:日本(鳥取)
  ↓
 東海:韓国
  ↓
 ウラジオストク:ロシア
  ↓
 モスクワ:ロシア
  ↓
 キエフ:ウクライナ
  ↓
 (リヴィウ:ウクライナ)
  ↓
 プシェミシル:ポーランド
  ↓
 クラコフ:ポーランド
  ↓
 ワルシャワ:ポーランド
  ↓
 ベルリン:ドイツ
  ↓
 デュッセルドルフ:ドイツ
  ↓
 ブリュッセル:ベルギー
  ↓
 ロンドン:イギリス

上記で太字になっているところが起点駅です。
この起点駅を結ぶ形であれば途中駅は別のところでも大丈夫です。

【補足1:キエフからプシェミシルは直通でいける&キエフ・エクスプレス、リヴィウ・エクスプレスが使えるならそれで】
今回、キエフ→リヴィウ→プシェミシルの駅に降りたのですが、キエフからプシェミシルは直通で行けました。そしてこの路線のいいところは1日何回もあるところです。

ウクライナからポーランド入りするにはキエフ〜ワルシャワのキエフ・エクスプレスかリヴィウ〜ワルシャワのリヴィウ・エクスプレスがあるらしいのですが、2017年11月現在キエフ・エクスプレスは路線工事中でワルシャワまで行かないということだったので、リヴィウ・エキスプレスでリヴィウ→ワルシャワへ行こうと考えました。が、いざリヴィウについてチケットを買おうとしたら、その日のリヴィウ・エキスプレスは同じコンパートメントになれる席がいっぱいだったことと、1日1便しかなく待ち時間がとても長くなってしまうことからプシェミシルへ行きました。

【補足2:北京ルート】
シベリア鉄道横断を北京からスタートする場合は大阪・神戸→上海→北京→モスクワとなります。

【補足3:ベラルーシルート】
またベラルーシのビザを取れば、モスクワ→ワルシャワの移動はベラルーシを通って少し短縮できます。

飛行機を使わずに東京からロンドンまで行った時にかかった費用

スバリ気になるお値段は、、、こちらでした!

▼1人分の費用

横浜→米子:20,680円

米子→境港:320円

境港→ウラジオストク:24,000円(20%OFF)

ウラジオストク→モスクワ:RUB21098.4 = 40,402円

モスクワ→キエフ:RUB5283.8 = 10,370円

キエフ→リヴィウ:UAH264.49 = 2,355円

リヴィウ→プシェミシル:UAH93.81 = 403円

プシェミシル→クラコフ:PLN45 = 1,498円

クラコフ→ワルシャワ:PLN150 = 5,013円

ワルシャワ→ベルリン:PLN225.65 = 7,061円

ベルリン→デュッセルドルフ:€119.625 = 16,115円

デュッセルドルフ→ブリュッセル:€75 = 10,103円

ブリュッセル→ロンドン:€231 = 31,118円

モスクワホテル朝食1回目:RUB1,200 = 2,355円

モスクワホテル朝食2回目:RUB1,200 = 2,392円

モスクワホテル:RUB5,050 = 10,017円

クラクフホテル(朝食込):PLN85.5 = 2,675円

ベルリンホテル朝食:€15 = 2,021円

ベルリンホテル:€36 = 4,850円

ブリュッセルホテル(朝食なし):€31.12 = 4,126円

合計:197,874円

※カード払いした分は実際の請求額を記載。現金払いのぶんは2017/11/14のレートをもとに計算

一人当たりの金額で計算しています。
ほぼほぼ全ルート正規料金です。
ヨーロッパ内の鉄道は1ヶ月以上前に予約するとだいぶ価格が下がることがあるので、計画が決まっている人は早めに予約するとだいぶ価格を抑えられる可能性があります。
ホテル代は2名同室分を割っているので1名宿泊だともう少し上がるかもしれません。

【補足】
境港→ウラジオストク行きのDBSフェリーですが、季節セールで10月31日までに予約した分は全て20%OFFセールをやっていました。最後2席しか空いていなかった2nd Classを予約したのですが、セールのおかげでEconomy Classの通常価格より安く買えた上、2人だったからか1st Classの個室にアップグレードしてもらえました!!(この個室を引き寄せたプロセスにとても感動したのですが詳細はまた後ほど記事にします!)

(詳しくはこちら→フェリーで快適個室を引き寄せた!さやさんメルマガに感謝☆

飛行機を使わずに東京からロンドンまで行く時に必須の持ち物

これだけ忘れなければとりあえずいける!
の最低限必要なものです。

  • パスポート
  • ロシアビザ
  • (ベラルーシビザ)
  • お金
  • 各種チケット

ロシアはビザ必要です!お忘れなく!
参考→最短1日!ロシアビザを個人で大使館へ行って取得する方法【外国人もOK】

あとは着替えとか諸々生活に必要なものですかね。とりあえず日本を出てロンドンにつくために必須なものです。

※ベラルーシビザは今回の行程では不要ですが、あるとモスクワからワルシャワまでもっと楽にいけます。

飛行機を使わずに東京からロンドンまで行った時の日記

こちらは移動中に毎日つけていた日記を元に行程ごとの詳細やTipsをもっと詳しく書いたページです。
より詳細な内容が知りたい方、Web上で一緒に旅をしているような臨場感を味わいたい方はぜひこちらからご覧ください^^

1日目①:東京から境港までの移動。フェリーと鬼太郎の街、境港
・1日目②:境港フェリーターミナルの両替、Wifi、コンセント、チェックイン他
・1日目③:DBSクルーズフェリーの予約方法、客室、Wifi、コンセントなど

飛行機を使わずに東京からロンドンまで行った後の感想

正直、しんどかったです!笑
お金もかかるし、時間もかかるし、飛行機だったら1日どころか数時間でピューなのに、すごい時間の無駄なのかなーとか思ったりもしました。

が、今は無駄に見えても、この時みた景色とか、感じたこととか、体験したことが体と脳のどこかに残っていて、必要な時に出てきてインスピレーションをくれるんだと思います。

それほど「ただ頭の中で考えただけ」と「実際にその場に行って体験して感じたこと」は違うと思っています。

が、まぁ、もう一回やるかって言われるとうーん(苦笑)。

本気の飛行機恐怖症な旦那さんも、「次日本に帰るときは飛行機だね…」って言ってます。笑
それくらい大変でしたw
(モスクワ着く前も「モスクワからは飛行機で行こう…><」って言ってたのに実際着いてみると「やっぱり無理だ…」となったのでかなり次回もどうなるかわかりませんが><)

事前の準備にもよると思うので、ぜひやってみたいとお考えの方はぜひ当ブログを参考にしっかり計画してくださいね☆^^

以下、今回の旅関連の詳細記事まとめになります。(現在作成中)

便利だったアプリやWebサイトまとめ

旅行中何度もみたサイトや使ったアプリなどのリンクをまとめておきます。

※★印がついているものはアプリです。

ビザ系

ロシア大使館ビザ情報
(ロシアビザの個人申請のやり方詳細はこちら
ベラルーシ大使館ビザ情報

移動手段系

DBSクルーズフェリー:鳥取県
シベリア鉄道公式サイト
シベリア鉄道予約サイトRealRussia.co.uk
シベリア鉄道予約サイトRusianTrain.com
ウクライナ国鉄公式サイト
ポーランド国鉄(PKP)公式サイト
ドイツ国鉄(DB)公式サイト
タリス公式サイト
ユーロスター公式サイト
(旅程検索)ユーレイル公式サイト
(旅程検索)google map
(旅程検索)rail.cc
(旅程検索)go euro
★(旅程検索)Rail planner by ユーレイル
→ホテルを取るときは注意。
本当にその駅までしかないのか、その先の中央駅からも乗れるのか調べる。
中央駅からも乗れるのであれば、そちらで泊まること。

お役立ち系

ホテル予約 booking.com
★google翻訳(iPhone)
★google翻訳(Android)
★iPhoneの世界時計
★タクシー配車のUBER→招待コード「naomit2558ui」を入れると無料クレジットがもらえます。

★通貨換算アプリCalConvert※お好みで

国別情報&感想

ロシアの治安、通貨、言語、ロシア人の印象。英語は通じる?
ウクライナの治安、通貨、言語、ウクライナ人の印象。英語は通じる?
ポーランドの治安、通貨、言語、ポーランド人の印象。英語は通じる?
ドイツ(ベルリン・デュッセルドルフ)の治安、通貨、言語、ドイツ人の印象。英語は通じる?
ブリュッセルの治安、通貨、言語、ベルギー人の印象。英語は通じる?

wifi&コンセント状況まとめ

境港フェリーターミナルの両替、Wifi、コンセント、内部の様子
韓国:東海港のwifi・コンセントは?2時間以内に立ち寄れる観光地も!
ウラジオストク行きDBSフェリーの予約方法、船内の様子、wifi、コンセント他
ウラジオストク駅のwifi・コンセントは?SIMは買える?
シベリア鉄道内のwifi・コンセントは?ロシアSIMの電波は入る?
ウクライナ・エクスプレスのwifi・コンセントは?ノマドには向いている?
ポーランド国鉄のwifi・コンセントは?ノマドには向いている?
ドイツ国鉄(DB)ICのwifi・コンセントは?ノマドには向いている?
タリスのwifi・コンセントは?ノマドには向いている?
ユーロスターのwifi・コンセントは?ノマドには向いている?

SIMのゲット方法、価格、繋がりやすさまとめ

ロシアのSIMのゲット方法、価格、繋がりやすさ
ウクライナのSIMのゲット方法、価格、繋がりやすさ
ポーランドのSIMのゲット方法、価格、繋がりやすさ
ドイツのSIMのゲット方法、価格、繋がりやすさ

旅行で役立つTips

短期間でハズレのないホテルを予約する方法
iPhoneで自分の電話番号を確認する方法
旅先のUBERが超便利!招待コードで特典も☆
海外で電車遅延があった時に使える英語
フェリーで快適個室を引き寄せた!さやさんメルマガに感謝☆

シベリア鉄道レポート

シベリア鉄道を横断して東京からロンドンに行ってきた!レポまとめ
シベリア鉄道内のwifi・コンセントは?ロシアSIMの電波は入る?
シベリア鉄道の時刻表の見方
シベリア鉄道に乗ったらキリル文字を読めるようになった
シベリア鉄道を横断してヨーロッパに行く2つのルート

お世話になった情報サイト

【徹底解説】個人で取得するロシアビザ!必要な日程と費用とその方法
フェリーで海外旅行へ行こう!
シベリア鉄道の乗車券をネットで予約&購入する方法を徹底解説
ポーランド~ウクライナを鉄道で移動するには?(リビウエクスプレス編)

この記事を書いた人

Nao
NaoNao Creative 主宰
早稲田大学卒業後、代官山のデザイン事務所にもちこみをしてデザイナーのキャリアをはじめる。その後20代後半でロンドンの美大セントマーチンズに社会人留学。約10年間グラフィック&Webの仕事を続けており、趣味はネットショッピングというWEB大好き人間。

【主な仕事】
WEBの制作・運営/Nao Creativeの商品企画・制作
提供中のメニューはこちら

-シベリア横断