その他デザイン パリ

パリのデザイン(ポスター編)

2017/10/12

※noteから移行してきました。これってSEO的なところどうなるんでしょうかね。とりあえず一旦そのまま載せてみまーす。

私がパリで見かけて気になったポスターを撮りためたものと感想などをまとめたノートです。パリのデザインの特徴はカラフル、コラージュ、イラスト、アーティスティック、ハンドメイド、そして変な写真の使い方がうまいこと。手作り、手描きを連想させるものが多く、アートの街らしいデザインだなぁと思います。
また、決めて撮った写真ではない、偶然撮れちゃったような、ともすれば扱いに困りそうな写真をメインに使って落書き的なデザインを施してオリジナルなポスターに仕上げたようなものもよく見ます。いつか取入れてみたいデザインテクニックです。

"Shoes are boring wear sneakers"パリ版ポスター

パリで見つけた素敵すぎる広告。Converseの "Shoes are boring wear sneakers" という世界的キャンペーンのパリバージョン。パリでは3人のアーティストがコラボしたようです。

1148845_10152290378517579_494840859_n

10155459_10152290378572579_1693762737_n

1237846_10152290378522579_903031947_n

フランス人のストリートアーティストの作。色使いといい模様といいめちゃ好きなテイスト…。おそらく「元ある写真をアレンジしろ」という指示だったんでしょうが、全く原型をとどめてないところがいいです。

こちらのビジュアルを作ったKashinkを含むパリの3人のアーティストがこのキャンペーンのクリエイティブを行っている様子
http://www.allcityblog.fr/52054-hopare-kashink-niark-converse/

Kashinkのポートフォリオサイトはこちら。たくさんの作品が見れます。
http://www.kashink.com/

キャペーン全体の指揮を執ったのはロンドンのマーケティング会社Amplify。
http://www.weareamplify.com/

キャンペーン「SHOES ARE BORING WEAR SNEAKERS」についての記事。かなり大々的なキャンペーンだった模様。
http://www.brandingmagazine.com/2013/03/19/converse-shoes-are-boring-wear-sneakers/

Centre des monuments nationauxのカラフル建造物アイコン

パリの建造物のアイコン。カラフルで可愛い♪

10155523_10152290378462579_660447062_n

広告主のCentre des monuments nationaux(国立モニュメントセンター)の公式サイトはこちら
http://www.monuments-nationaux.fr/en

このポスターのクリエイティブを作ったデザイン会社は「Intégral Ruedi Baur Paris」というそうです。
http://www.irb-paris.eu/projet/index/id/47

ルーブル美術館の子供向けワークショップのポスター

ルーブル美術館の子供ワークショップのポスター。

1972469_10152227444222579_1804844051_n

これみたいに、キメキメで撮ったわけではない写真をデザインで活かすのがうまい!というのがフランスのデザインのイメージ。
手描きのリボンみたいな形でタイポを入れるのがフランスっぽい。フランスの広告は何かと手描きっぽさが多用されている気がします。これと比較してロンドンのデザインはかっちりした書体や読み易さ、機能性重視。
詳しくはロンドンのデザインを見てね

メトロの広告たち

▼蛍光ピンクと蛍光ブルーという色の選び方が面白い。同じ内容の広告を2種類作って並べて掲示するというのもパリのメトロでよく見る手法。

1979608_10152227444217579_1788914422_n

ポスターで紹介されている写真家 JOAN FONTCUBERTA 公式サイト。モノクロのシュールレアリスティックな写真が特徴
http://www.fontcuberta.com/
ポスターで紹介されている展示会「JOAN FONTCUBERTA CAMOUFLAGES - MAISON EUROPÉENNE DE LA PHOTOGRAPHIE」の公式サイト
http://www.mep-fr.org/evenement/joan-fontcuberta/

▼文字の使い方が大胆。これみたいにメインの文字を派手にいじってたり、一番大事な情報に読みにくいけど派手な書体を持ってきたりするのがパリっぽいです。ロンドンは機能第一な感じ。パリは読みにくかろうが、伝わりにくかろうが、美しければOK。デザインの国とアートの国の違いでしょうか。

10003384_10152227444142579_1779991344_n

ポスターで紹介されているアルバム曲のミュージックビデオ。「Gaëtan Roussel - La Simplicité music video」
https://www.youtube.com/watch?v=x7p3eCmXlsY

▼この絵のチョイス、イエローの入り方。構図が素晴らしいと思います。絵の中の人物の目線がささる…笑

1897951_10152227444262579_2115180924_n

上記展示会の公式サイト Grand Palais - Felix Vallotton
http://www.grandpalais.fr/en/event/felix-vallotton-fire-under-ice

▼コラージュや手書きの使用が多い印象のパリの広告。イラストっぽいテイストのコラージュに、メインの文字の置き方にもハンドメイド感が感じられる。こちらのロンドンのデザインの上から5つ目のコラージュと比べてみてください。

10003384_10152227444142579_1779991344_n

こちらにもっとくっきりした画像がありました!
http://www.theatresparisiensassocies.com/storage/record/Piece.1465.jpg

構図すばらしい。こちらも先ほどの蛍光ピンクとブルーのもののように、同じ内容の広告を2種類作って並べて掲示したもの。これがずらっと壁一面に並んでいる様子は圧巻。

988413_10152227444432579_64592606_n

その他街中のポスターたち

▼やっぱり文字が面白い。コンテンポラリーなダンスや劇をするシアターのポスター。建物自体はものすごく歴史あるものです。

1794809_10152227444387579_1461317330_n

劇場、Theatre national de Chaillotの公式サイトはこちらー!
http://theatre-chaillot.fr/en
Theatre national de Chaillotの素敵なサイトをデザインしたのがこちらのエージェンシー hyptique
http://www.hyptique.fr/portfolio/theatre-national-de-chaillot/

▼ヨーロッパで大人気のKENZO。コラージュ、シュールレアリズム系。選挙の掲示板みたいなのに無造作にいろんな広告貼られてるのがよかった。

1979882_10152227444467579_1119331429_n

KENZO2013 F/WのキャンペーンにについてのKENZO公式ブログの記事。
https://www.kenzo.com/en/blog/kenzo-fallwinter-2013-campaign-images_9031/

こちらのキャンペーンは日本でも話題になったらしく日本語の記事も結構ありました。
http://fashionpost.jp/archives/18577(日本語)
上記の記事内にあったリンクですが、The Business of FashionのTop 10 Campaigns of the Seasonに選ばれたそうです。
http://www.businessoffashion.com/2013/07/top-10-campaigns-of-the-season.html
KENZOがコラボしたトイレットペーパーマガジンについてはこんな素敵なWebサイトで濃い~記事を書いていらっしゃる日本人の方がいました!
http://www.wakapedia.it/ja/toiletpapermagazine/トイレットペーパーマガジン(日本語)

以上、パリで見つけた素敵なポスターのご紹介でした♪

この記事を書いた人

Nao
NaoNao Creative 主宰
早稲田大学卒業後、代官山のデザイン事務所にもちこみをしてデザイナーのキャリアをはじめる。その後20代後半でロンドンの美大セントマーチンズに社会人留学。約10年間グラフィック&Webの仕事を続けており、趣味はネットショッピングというWEB大好き人間。

【主な仕事】
WEBの制作・運営/Nao Creativeの商品企画・制作
提供中のメニューはこちら

-その他デザイン, パリ